内モンゴルにおける民族弾圧の論理を支配者側の文献からあぶりだす一冊
本書の特徴は、
何よりも、
中国側の内部文書を大量に引用紹介し、
中国共産党が政権を奪取する直前から文化大革命にいたるまで、
系列を追って内モンゴル弾圧政策の進行を論じている点である。
このような論考を中国国内で出版できる可能性は殆どなく、
その意味でも貴重な一冊となった。
本書は大学の博士論文を基本としているためやや読みにくく、
資料の性格を重んじるために大部の著書となっているため一般には手の届きにくいものかもしれないが、
貴重な研究資料として推薦したい。


中国の「地方民族主義」弾圧の論理

 本書240頁に掲載された「アイマック(内モンゴルにおける行政区域:三浦注)の直属機関に地方民族主義を普遍的に批判する運動を展開する指示」(1958年12月、
中国共産党ジリム・アイマック委員会)ほど、
中国政府の内モンゴルにおける民族政策を完全に表現したものはない。
この文書では「地方民族主義」とは1共産党が少数民族を指示していくことを疑問視し、
共産党の政策の「個別な弱点を捉えて」党の指導を侮辱、
攻撃すること2共産党の民族政策を「同化」政策と疑問視し、
党が民族固有の伝統や習慣を軽視すること、
3漢語とモンゴル語を混合する「混合語」の使用を拒否するモンゴル人の姿勢、
この三点が批判されているのだが、
これこそまさに中国共産党が、
政権奪取以来、
現在に至るまで継続して行っている民族弾圧政策を逆に照射するものではないか。
内モンゴルから見た中国現代史-ホルチン左翼後旗の「民族自治」

その他の感想

建て付けが悪い
直ぐ壊れる
期待はしていなかったのですが…
クラシックです
良いです・
面白いけれど・・・
純正との差は感じられなかった。
ブラザー工業製TZe-631・12mm tepe / TZe-231・12mm
いわゆる「バスケット編み」とそのバリエーション集
もうこれ大好き
ホコリ離れもよい
マネジメントという奇妙な世界で戸惑う人々へ
値段に驚き
正に陽泉Wエースの歌
なんだか、、、
鎧武のすべてを振り返る、充実の内容
「尊敬すべき」と思わせる二枚
MMD勉強用に購入
小さい…!
お尻喜ぶ~通常タイプと変わらぬ使用感で満足です。
仕事で使える住所録2
ステーやビスが合わない
仕上げ精度がいまいち
特典の蔵出しバトルが一番好き
上達したい人へ
自動開閉使用10回未満
映像、演出、音楽ともに最高峰の映画
理屈や根拠はわかりませんが!!
買って損するような参考書ではない
初盆の提灯かざり用に購入
戻る