椅子製作のガイドブック
 専門書である。
主として無垢材を用いた椅子の作り方について、
実に適切に説明している。
多くの本を探したが、
日本には類書はない。
洋書でもいわゆるカントリーやシェーカーは多いが、
材をきざみこむ本格派の椅子作りについての教科書は少ない。

 基本の寸法計画、
構造で注意すべきことからスタートして、
接合の中心となる「ほぞ」加工のポイントを細かく説明。
実作は、
座面プロファイルチェックの「だぼ」方式、
直線/直角のみの作品、
テーパーつき、
傾斜つきと一つずつステップを追う内容構成である。
加工の留意点については、
自分の失敗も踏まえた正直な解説になっている。

 椅子の製作は、
機械加工を必要とし一般的ではないだろう。
しかし、
「自分だけのを作りたい」と思う人は潜在的に多いと思う。
実作者にはぜひチェックを勧めたいが、
「机上の製作家」にも読んで欲しい。
代表的な椅子のカラー写真もあり楽しめる。
Chairmaking and Design

その他の感想

kindle版は注意
どうなんですかね
買って損はしないかな。
2013年の〜
デザインは良いのですがもう少し大きいほうがお道具が入ったと思います。
2歳の娘のお気に入り
「地図」がコノヨウナモノとなるまで
切れ味の良さに驚き
もしも「アゴをゆるめる」テクだけを知りたいのなら、前著にあります
2代目
ラバーは使いやすい。。。のですが、
これほしかったw
反射はあまり気にならないですけど。
ニーズにピッタリでした。
12mmでは短すぎます。
少しだけ大きい
これでもう自転車に気付かなかった、とは言わせない
値段の割に高品質
MacProには不適でした
いろいろと感じること、考えることがありました
喜びと後悔の間で悩みます(iPad Pro 9.7用に購入)
現代の『徒弟制度』の厳しさに身が引き締まる
エラー無し
手芸をはじめ多種の使用に対応できます
すぐに壊れた。
シンプルにおいしい
可愛いので。
見やすい、読みやすい。
若林
思考力を鍛え直すために
戻る