若集組という文化への考察
司馬遼太郎のライフワーク「街道を行く」シリーズの中でも
とくに日本文化に対する洞察のユニークさがみられる本だったと思います。

なんの実証性もない、
ただ単なるエッセイと言ってしまえばそれまでですが、

それだけに自由な発想を展開することができ、

著者の膨大な知識量に裏打ちされているためかある程度のリアリティは感じられる本でした。


内容として、
熊野古座街道では若衆組を考察テーマにしています。

若衆組とは昔の村々に見られた村社会のサブシステムなのですが、

人生の一時期を若者だけが集まって生活する制度・コミュニティのことです。


サブシステムとは言いつつも、
独自性・自律性を持つ集団であった若衆組では
性についての教育などがおこなわれ、
厳しい上下関係があったようです。


独特な人間関係、
雰囲気を形成していた若衆組文化は、
ひろく日本社会に影響を与えたのではないか
著者は熊野の旅を通じて、
上記テーマを考察しています。

現代にも残る若衆組的な文化、
とくに青年団がその光景なのですが
本を読むうちにさまざまな実体験が想起され、
感慨深く読めた本でした。
街道をゆく (8) (朝日文芸文庫)

その他の感想

音響スタッフ頑張りすぎw
安定感がイマイチ
誰を対象にしているの?これで押し付けたらPC嫌いになってしまいそう
普通の髪の長さの方におすすめ
フシギな感じ
ちょっと取り付け辛い
銀座の風物映画
頭でっかちにこそ
80年代の香りを満喫
重すぎる
全てを鵜呑みにはできませんが。
いつまでも人気商品
提灯記事が満載
OT.PTを目指す方必見です。
他人は気付かないけど。
美しく、切ないお話でした
頑丈そう
是非、読むべき書。
攻略サイト以下の出来。
ノートンセキュリティは定番のセキュリティソフトウエアであり、安心して使用できる。継続更新時は、インストール不要で、便利である。
手元に置きたい一冊
ちょっと硬いですね
艦これ三昧!
830穴以上のブレットボードならOKです
原作を裏切らない❗
3合炊き
出産を控える友人へプレゼント
生物海洋学入門
秒針の音が気になる。
狭いエリアを温めるなら必要十分な性能ですが1カ月程度で故障しました
戻る