いいぞ、ゴンクール
 無類の面白さである。


 日記というのは、
その中の脚色や嘘も含めて、
書く者の人となりを忠実に写しとってくれるものだが、
これほどあけすけに自らを語る日記というのもまずあるまい。
 19世紀パリの記録としてだけでも興味深いのに、
書き手の二人の片言隻句の妙たるや、
スバラシイの一言である。
ここには浪漫主義が真に浪漫主義だった頃の文人が居る。


 下巻が出るのが楽しみである――否、
多くの人は、
本書の優れた中身に感銘を受けて、
かえって抜粋版としてのこの文庫に不満すらいだいてしまうのではなかろうか。
ベンヤミンのパサージュ論を文庫で出したんだから、
これも是非完全版を。
ねえ、
岩波さん!
ゴンクールの日記(上) (岩波文庫)

その他の感想

企業に1冊!
新聞を見てどうしても欲しくなりました
Macでも問題なく使えました。
上手にアレンジ出来ました!
サイズ展開
しっとりとしたアースシーへの再訪。
コンパクト+コスト+強力な吸込力
楽しさ満点リズムゲー
きれいになる食べ方を選択していける本
宝物になる一冊
製品のクオリティが安定していない
小型・軽量・明るいレンズの簡単操作ビデオカメラ
筆者が持つメディア愛が伝わる終盤に感情移入。
可もなく不可もなく
センター試験を
シルエットがきれいで履き心地がいいです
手間をかけただけあり良書です
長持ち?
ばっちり。ただし明るすぎるか・・・
とりあえず購入してみたが
基礎がわかります。
iPadのプレゼンを簡単に!
5人とソロ 嵐の歴史がギュッと
生活防水?
本当にCeleron?
丈夫で,良く切れます。
投資初心者にも分かりやすく用語説明されている
お得な価格で買えてよかった
JMCA認定でも
色が汚れやすいのが難点
戻る