モノを「消費」することで「差をつける」時代の終わり
【概要】
(分野)ポスト資本主義、
成熟社会
(頁数)目次&前書8頁 + 本文240頁 + 後書8頁
(出版日)2015/11/4

 本書では、
「モノが溢れる」現代の新しい生き方を、
ファッションやDIY、
ビジネス、
子育てから農業、
金融に至るまでの非常に多彩な分野で活躍されている方々の体験談を交えながら紹介しています。

更には、
こうした多彩な「生き方」に共通する「モノ離れ」の兆候を、
著名な経済学者、
哲学者の言説を利用しながら、
「カスタマイズ」、
「シェアエコノミー」、
「時間的貧困」、
「脱成長」などの様々な観点から、
紐解いて行きます。


 本書は、
特にビジネスという点において、
今まで通りの「大量生産・大量消費」型の経済が、
新しい局面に向かっていることを具体的に理解するという点で、
有用な書籍だと思います。


【内容】
 本書に通底するテーマは、
「価値観の多様化」と「持続可能性」です。
特に「先進国」においては、
「モノがあることが当たり前」になってしまったことで、
「モノの消費」によって「他人と差をつける」ことの意味が失われつつあると述べられます。


 本書は6つの内容に区切られています。

 第1に提示されるのは、
「生き方(ライフスタイル)」が物質的な「モノ」よりも価値を持つようになったという指摘です。

 また、
第2に提示されるのは、
米国や中国という「大量消費」の代表格である超大国で起きている、
「物欲」の変化です。
米国や中国でも、
「自分らしさ」を統一化された高級ブランドの「消費」ではなく、
「隠れ家」的なショップを巡ったり、
「DIY(do it yourself ; いわゆる日曜大工)」で自らモノづくりを行ったりする兆候が見られると言われます。

 第3に提示されるのは、
「モノ」としての商品が、
「脱物質化」すること。
つまり、
第一次、
第二次産業より第三次産業(サービス業)が経済の中核であると述べられます。
物欲なき世界

その他の感想

五右エ門、まだか? オレだけではルパンは重荷過ぎる―――!
役に立つかどうか・・・
商品点数が多い!
子供から
科学とは何か・哲学とは何か
赤ちゃん用だったのね(汗)
マイルドで飲みやすい
コンパクトで高性能です
別売りオーディオケーブルの購入とオーディオ機器・デバイスのイコライザー調整をして初めて価格以上の性能を体感できる商品。
お試し
ニチブツ特集
アマゾンのアルバム商品はアウトレットですか?
お手軽です。
全体的に屈指の出来の良さ
思い出深いが、今観ると・・・
ロット差?
使いやすさは最高
問題なくインストールできました。
安いし、こんなもんですかね
金具がしっかりしていて丈夫そうです
換気して
セキセイインコ用に
もう少し持ちやすければ最高!!
画像は全体を。
効果を実感できません
うちの子にはいまいちだったようです
お店のイメージにぴったり
なぜか毎回白濁してしまう
小型、軽量で、コストパフォーマンス良好
もっと響が可愛くなる一枚
戻る