「日本語はタミル語と同系統」の主張を分かりやすく説く
本書は、
主として小学生〜中学生程度に向けて書かれたものであり、

大きなフォントで書かれ、
多くの漢字にルビがふられている。

本書の主な内容としては、
筆者のかねてからの主張である
「日本語はタミル語と同系統である」という説をなるべく分かりやすく
紹介したものである。


なるべく卑近な例を用いながらも、
単語の音の一致、
両言語間の文法の類似性、

文化や風習の一致等を、
通時的な視点を入れながら主張しているため、

本書の装いよりも内容は難しいと感じるかもしれない。


日本語とタミル語の同系説に対する意見は、
読まれた方によって様々だと
思うが、
分かりやすく書かれている本なので、
筆者の主張の入門書としても
位置づけられる本である。
日本語はどこからきたのか―ことばと文明のつながりを考える (中公文庫)

その他の感想

番組見てた人は手に取りやすい本
修ちゃん
人間って美しい
楽々給水
メレルはワンサイズ大きめを選ぶべし
発泡酒としては珍しい上面発酵タイプ。
長年淹れ込める逸品
BOX1に続いて・・・やはり最高です。
外されてしまいます
熱中症対策
裾上げしなくて良かった
現場ではじめるために一番おすすめ
写真がいっぱい
かわいいです★
うわべだけの「コミュニケーション術=スキル」でない、本当の言葉の法則!
ちょうどいい。軽い。
特に理由がないならKindle版で十分
想像通りにしっかりした作りです
画像がすばらしい、ただし・・・
とてもいい商品だけど装着に難あり
浮気できません。
想像以上に長かったです。
ビタミン発見史としては面白い
とっても贅沢な洗顔用具
ピュアオーディオではディジタルの通り道も大事!
2からの3が賢明!
1本で18通り!万能ソープ!!
世界で通用する日本であるために
コンパクトなロケット図鑑です
男たちのヒューマンドキュメント
戻る