たかが動物園と言う勿れ。
人生に於いて、
動物園に行くタイミングは3回はあるそうな。
最初は子供の頃、
親に連れられて行く時、
次が恋人が出来てデートで行く時、
最後は自分の子供を連れて行く時。
その程度の頻度でしか行かないから、
動物園に対するイメージって希薄で、
動物がテキトーに集まっているところでしょ、
という次元を超えることは難しい。
当然世話をする職員も、
タダのエサやり担当だろう、
くらいの認識しか無いのであるが、
本書を読むとこの世界の奥深さに圧倒されるのである。
動物たちが快適に過ごせる環境を作るには動物の意見を聞くのが一番なのだが、
彼らは口を利いてくれないわけで、
日頃の動作や、
反応、
顔色やフンを熟読玩味して慮る、
そこから仮説を立て施策を打ち、
検証し修正するというなんとも根気の要る仕事になるわけである。
そういう人たちの目線で動物を見ることは一般人には無いであろうが、
本書はそれを擬似的に体験させてくれるのである。
イヤ、
正確に言えば著者の極めて臨場的な筆致によって、
バーチャルな動物園職員体験をさせてもらえるのである。
その結果、
動物園に行ってみたくなるのである。
ここまで引き込まれたのは久しぶりなのでレビューを書いてみた次第。
動物翻訳家 心の声をキャッチする、飼育員のリアルストーリー

その他の感想

プリライありがとう
いい意味でブッ飛んだ世界が90個
普通にOK
言葉から民族の思惟方法を考察する。 天才の作品。 傑作。
軽くてコンパクト。バイブが強くていい!
時を超える既視感
良く考えられています!
オリジナル素敵です。
今までで一番好きな巻です
アリス最高!
UASPは素晴らしいですね!
到着遅いよ!
少なすぎるキャラクター
天才的催眠療法家の本質にユニークに迫る
初めての腕時計にぴったり
少年野球指導者や保護者に読んで欲しい
使った感想…残念(泣)
母からのプレゼント
ストーリーが最高
これは良かった
めっちゃイイ!!
こちらは丈夫
スキー場に行くなら、下着の代わりにこの商品を着用。
ナイロンタイプを初めて購入
正しい工程を体系的に学べる
少年スポーツチームの給水用にばっちり
確かにいいけど 安っぽい
まだ未使用です
柴犬の成犬用に。
"自分で奏でる"の第一歩として
戻る