教科書にも講談本にも出てこない「関東戦国史」
 関東の戦国時代は応仁の乱よりさらに10年早く関東公方家と関東管領家の対立による享徳の乱によって始まっていた。
さらに今川氏親の舅にして後見人である伊勢盛時(早雲)の伊豆進入を経て本格化する、
北条3代氏康は河越夜戦により、
鎌倉公方家、
関東管領家の権威、
武力を大きくそぎ、
版図を大きく広げた。
関東における対北条の大勢力は常北南奥の佐竹、
南総の里見くらいになってしまったのだ、

 しかし、
そこに関東管領家山内上杉の名跡を継いだ長尾景虎があらわれる。
毎年のように越後から下野を経て「異国の兇徒」北条を撃つため関東における正統を唱え南下してくるのだ、
そのたびに関東の国衆(大規模領主)は上杉についたり北条についたりと右往左往する。

 謙信といえば戦国最強、
義の武将というイメージで有名だが、
北条側、
関東の小領主、
農民からみると毎年来る天災のようなものだったのだろう。

 関東の戦国史は入り組んでいてわかりにくいのと最大の大名北条氏がほとんどドラマ化されていない(しかもでるときは篭城した挙句秀吉に一撃でやられるときだけ)ので一般になじみがない。
しかし現在世界最大の都市圏(東京圏)の戦国史がこの一冊で大づかみできるので歴史好き、
特に戦国史好きは必読の一冊ではないだろうか。
戦国関東の覇権戦争 (歴史新書y)

その他の感想

この売り方ははちょっと・・・
カット編集には最適
ケイデンスのみ です
HDブラウン管が生きる
コンパクトBOXもう少し早く出てくれないでしょうか?
なめらかな使い心地です
タイルによってはお勧めしません。
改造ベースで購入
対応が悪い
夏向きではないかも
想像したとおりのもので、満足しています。
ペラペラ
着色でこんなに印象が変わるんだという良い例かな
近年にない失敗した買い物でした!
ヴェゼルに装着しました
寒冷地では
買って良かった(о’∀`о)
アンブレラホルダーとスタンドが固定出来ません
しっかり出来ています。
クリアで簡単、コスパは最高かと。
初心者の入門書にピッタリ!
なんてドラマチックな人生!
サミット大森
マス目が荒すぎ
「やさしい」けれど中上級向けにも活用できるバイブル
好きな作品が複数あればありかも
帽子しっかりしていて可愛いです。
フクロウコーヒーのフクとマリモ、ビジュアル系ドラマーと暮らす虎徹の撮りおろしも!
世界のニュースを海外視点で。
恐竜柄なのに…
戻る