源氏物語で社会学する
「そして,自殺する浮船.彼女を支配するデブ母・中将の君との関係は,
往年の宮沢りえとりえママの関係をいやでも思い起こさせる.」
この著者にかかると,すべてこの調子で,
とっつきにくい古典でも,親しみやすく解説してくれる.
古典の背景を現代の社会情勢に置き換え,
登場人物の心情を現代人の感覚に引き付けて書いてあるので,
読んでいて共感できるところが多い.
源氏物語の原文は出てこないので,古文が苦手な人でも読める.
ストーリーと登場人物の心情を中心に解説してある解説本が多いが
(たとえば,出口ひろしの「源氏物語が面白いほどよくわかる本」など),
この本は,一歩つっこんで貴族をめぐる社会情勢や経済までも読み解いているところが興味深い.
著者は日本史学を学んでいるようで,
ここらへんが,国文科出身の人の書いたものと一線を画すところだ.
カラダで感じる源氏物語 (ちくま文庫)

その他の感想

FMトランスミッター、初めて購入しました。
武骨なデザインのスマホが可愛く見える
原作「日本紀行」と比べて
胸ポケットに本体を入れる方にお勧め
リピ決定!!
副題は「ジル=ドウルーズの生涯」だろうか
ちゃんと書け!
なんといっても安い!
精度はまあまあ 有ります 1ミリ以下
ケースとしては5つ星 スタンドとしては2つ星
ガイアとともに戦った青い光の巨人
2セット入りでGOOD!
お湯の切れがよい。
ステンレスピンチハンガー
いつもの魔理沙
最高のエンターテイナー三浦大知の最高のアルバム
この本は、日本のデフレ不況を、克服する為の「金融政策の教科書」です!
夏向きです。
ヘッドホン付属のケーブルと比べたら音がまるで違う
洗浄!
ハリモトが
意外に質実剛健
夏の定番です
足が滑る
ぜーんぶわかる廃棄物処理実務
雰囲気を楽しもう!
見た目は良いです。
パソコンで困ったときに開く本
時計の金属ベルト調整が簡単に出来ました。
お米のように、季節により質に差が出るのかな?それでもお徳です!!
戻る