まだフクシマは終わっていない!
最近の報道は、
復興に向けたものばかりが目立つ。
確かに、
未曾有の災害から立ち直ろうとする人たちの姿を報道する意義は大きいだろう。
しかし、
福島原発事故は終わったのか? ぜんぜんなにも終わってないのではないか? その疑問に答える書である。
読むと、
依然として放射能の垂れ流しが続いているその現実などを目の当たりし暗澹たる気分になるが、
それが紛れも無い事実なのである。
ぜひ、
多くの人たちに読んで欲しいと思う。


取り上げたい話はいくつもあるが、
中でも驚愕したのは、
235ページ、
放射能で汚染されたゴルフ場がその除染費用を東電に求めた裁判で、
なんと東電は「原発から飛び散った放射性廃棄物は東電のものではない」と主張したのだ。
さらに、
あろうことか、
裁判所はゴルフ場の訴えを退けたそうな。
腰が抜けた、
マジで。
頭が変になりそう。
自分の家のゴミがなんかの拍子におとなりの家の庭に落ちたら、
すみませんご迷惑をおかけしてと取りに行くのが、
子どもでもわかる常識である。
でも、
東電と裁判所はそうでないらしい。
呆れてものもいえない。
これが我が祖国ニッポンの話なのか!!!

広瀬氏の語り口が極めて厳しく、
時に感情的ですらあるのに、
嫌悪感を感じる読者もいるかもしれない。
しかし、
あえて言うが、
そんな人は、
所詮フクシマが他人事なのである(日本に住む限り無関係な人間は誰もいないのだが)。
原発事故で被曝し故郷を追われた人たちにとっては、
これでもまだ生やさしいと感じるであろう。

私は京都在住である。
フクシマは遠いといっても、
本書にあるように、
すでになんらかの形で被曝しているであろう。
そういう意味では当事者である。

福島の人たちの気持ちがわかる、
などとはいわない。
乏しい想像力を働かせて、
福島の人たちのことを考え続けたい。
第二のフクシマ、日本滅亡 (朝日新書)

その他の感想

久しぶりにTV購入
少し重いのが難点
少し小さめです。
ヨドバシ店舗で入手
解剖学を学び始める時に向いている
リア充向けの本
デイトナ?
3匹の子ぶたに。。。
ありそうでない
ワンコ用
チェックライターインキパッド
ベーシックにすればよかった。
もう少し甘さを引き出して欲しかった
真面目で堅実な「日光東照宮」解説本
状態の良
色が良いです(^-^)
強度もあり使いやすいデスクです
近年にない充実ぶり
色合いが落ち着いて、かわいいです。
対応が早くたすかりました。
耳穴大きい人向き
これからの季節にもぴったり!
マルチコプターを飛ばすときに使います。
絵画のような世界。
クレジットカードも入れれる所が良いです!
1秒で壊れた
乾燥に
飽きさせない「展示品」の数々
保育園で使ってみたところ、
戦国時代のリアルさとゲーム性を両立させた秀作
戻る