「方丈記=住居論」だと主張する堀田善衞の驚くべき根拠
堀田善衞(よしえ)の愛読者であった宮崎駿は、
堀田の『方丈記私記』(堀田善衞著、
ちくま文庫)のアニメーション化を長年に亘り構想していたという。


自分の価値観に正直であろうとする堀田が認める歴史上の人物は、
一方の極に位置する鴨長明と、
もう一方の極に聳える親鸞である。


『方丈記私記』は、
長明の人生・思想を考察しながら、
堀田自身の魂のあり方を語っている意味深長な書である。


「(長明によって)当世風な仏教までが蹴飛ばされてしまった。
もとより山岳仏教にも、
学問仏教にも用はない。
最後の拠りどころである筈の仏教までが蹴飛ばされてしまったとすれば、
私がこれまでに、
彼(長明)の『私』、
あるいは彼の心理の揺れ、
揺れかえしのようなものとして、
ひらき直った、
居直った、
ザマミロ、
ふてくされ、
厭味、
トゲなどと言って来たものどもは、
実は、
ふてくされでも厭味でも、
またひらき直りでも居直りでもなくて、
さらにはウラミツラミでも厭味、
トゲでもなくて、
それは彼の方からして捨てられたこの『世』に対する長明一流の、
優しい挨拶なのだ。
歴史と社会、
(藤原定家に代表される)本歌取り主義の伝統、
仏教までが、
全否定をされたときに、
彼にははじめて『歴史』が見えて来た。
皇族貴族集団、
朝廷一家のやらかしていることと、
災殃にあえぐ人民のこととが等価のものとして、
双方がくっきりと見えて来た。
そこに方丈記がある。
すなわち、
彼自身が歴史と化したのである」。


堀田が描く長明は、
一般に流布されている長明論とは、
かなり異なっている。
「方丈記というと、
すぐに無常とか無常観といったことをもち出すのは、
少し気が早すぎるのである」。


「この鴨長明という人は、
なんにしろ何かが起ると、
その現場へ出掛けて行って自分でたしかめたいという、
いわば一種の実証精神によって、
あるいは内なる実証への、
自分でも、
徹底的には不可解、
しかもたとえ現場へ行ってみたところでどうということもなく、
全的に把握出来るわけでもないものを、
とにもかくにも身を起して出掛けて行く、
彼をして出掛けさせてしまうところの、
そういう内的な衝迫をひめた人、
として私に見えているのである」。
方丈記私記 (ちくま文庫)

その他の感想

新しい関係
ピッチリしおり白色はスケスケに。
天然の良さ
環境問題のバイブルのひとつ
便利あとは値段
韓国製?
使えるフレーズが満載
ほのかなピリ加減がおいしいです
発想術。。。
楽しそうに遊んでます。
死に戻りしても絶望的な戦力差!
コンパクトでとても満足しています。
良かったです❗️
あれもこれも、全部作れる!
2年後のイッシュ地方が舞台
ありがとー
使い易さ格別。
ホイールがダメ
nexus7(2013)にです とても良いです
スパイスの弱いチャイはただの紅茶。
私にとってはアンディとハガードの巻
ビジネス書ではなく単なる社史
コスパ関係なく掛け値無しにいい時計
思った以上に似た者同士の「オハナシ」
蘇我氏の興亡史を通じて『日本書紀』とは違う目で日本の古代国家成立を見る良書
リストバンドは決してブランド品である必要は無い
トロフィーコンプした人にはいらない本。しかし。
ね、簡単でしょう? 的な
慣れるまで逆に疲れるかも
出産祝い!
戻る