ドラッカーのファンダメンタルを知る
オリジナルは1939年リリース。
邦訳初訳は岩根忠訳で1963年。
ドラッカー29才の時の処女作である。
と言うより、
1933年、
自ら発表した論文がナチスの怒りを買うことが間違い無いと判断し、
母国と職を捨てアメリカに渡り、
命がけで出版したのが本作である。
そういう意味で本作は他のドラッカーの著作と『同等』に考えることはできない作品だ。


ドラッカーは元々、
ウィーンで裕福なドイツ系ユダヤ人の家庭に生まれている。
1929年には、
ドイツ・フランクフルト・アム・マインの『フランクフルター・ゲネラル・アンツァイガー』紙の記者になり、
1931年にフランクフルト大学にて法学博士号を取得している。
このころ、
国家社会主義ドイツ労働者党(所謂ナチ党)のアドルフ・ヒトラーにインタビューが許可されている。
その中1933年に発表した論文がユダヤ人を嫌うナチ党の怒りを買うことを確信し、
退職しイギリスのロンドンに移住している。
そこでケインズの講義を直接受けるとともに、
イギリスの投資銀行に勤めている。
1937年、
同じドイツ系ユダヤ人のドリス・シュミットと結婚し、
アメリカ合衆国に移住しているのだ。


つまり、
この本はドラッカー自身のファンダメンタルを知ることができる唯一の著作と言えるだろう。
ドラッカーのファンダメンタルにはナチズムとファシズムを自分の眼で見たという事実があるのが分かる。
ヒトラーには自身でインタビューし、
その演説を自分の耳で直接聞き、
群衆の変化の様を見続けていた。
そして、
自らが『神』となる一方で、
ヒトラーが『敵』として差別的にユダヤ人を設定していく手法を眼の当たりにした。
それがドラッカー自身の『根』になっているのが理解できる。


一方で事象を経済学的に分析する方法論は既に健在で、
ナチズム・ファシズムですら経済的に分析してみせる。
そして政治家たちの手法を次々と分析してみせる。
それはヒトラーやムッソリーニだけではなく、
それに相対していたチャーチルの手法についても詳細に分析している(68ページ)。
こういった内容が、
当時のイギリス首相ウィンストン・チャーチルが激賞(1939年5月27日付の『タイムズ』。
巻末に付録として掲載されている)につながったのだろう。
ドラッカー名著集9 「経済人」の終わり

その他の感想

素晴らしい再現性
リボンが可愛い!
みっちぃ♪
夫へイライラ感が高まっているママ、一度読んでみると、気持ちが楽になるかもしれませんよ。
エアーの調整に
香料の記載を
フタが短辺にあるので、DVD/BD共に使えます。
満足していますが…
使い易いです。
面白みはない
標準よりだいぶ持ちがいい
One and only record (唯一無二の記録)
見た目良し、保持力やや弱し
狭い家で便利
値段にしてはかなりの出来!!
ニシンのパイ
歯科医療をどこまで描けるか?
Fender USAには付きません
つまようじと迷ったけど…
履く人も工夫が必要
甥っ子へのプレゼントに!
大型アップデートと同等、もしくはそれ以下のボリュームと質
とてもよい対応!!
味が濃く抹茶風シロップでなく、きっちりと濃い抹茶シロップです
タカラトミーとして最低の商品
まさに、非常識な成功法則でした!!
猫だけが知っている!
全く切れない
便利なんですね
教科書なので
戻る