これがベストセラーだった時代があった
 過剰な修飾、
あふれ出る語彙、
圧倒的な小説である。
現在の流行作家にも、
饒舌体めいた文体を使う人はいる。
だが、
本書は描かれたがっている内実が、
次から次へと言葉を求めているかのようだ。
言葉の奔流が、
無駄ではなくぜいたくと感じられる。

 戦後からの脱却、
地域社会の自立、
地域文化の再発見と再評価、
障害児という個人的な困難、
学生運動のベクトルの矛先 … 時代と個人の問題が渾然一体となり、
読者を巻き込んでゆく。

 大江文学の最高到達点の一つだと、
今回再読して確認した。

 ただ、
文学と世界の関わり方が、
現在はこの地点から遠く変容しているのだ。
万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

その他の感想

わかりやすく親切だが意外にハイレベル
指導者になった人の為に
必須のご機嫌取りアイテム
単4電池さえあれば使用できると思ったら・・・
買い替えに最適
にんじんの切れ味、サイコーです!!!
この本を強く学生さんに薦めたい
高級感はあるのだがUSB3.0で認識不可だった→交換でOK
問題ないみたいです
ロシアに行く人にお勧め
あまり期待して読まない方が・・・
確かに漏れます
そういうことか
この作家にしては凡庸
着眼点はいいが
さまざまな感情を捉える
ちゃんと動きました
本格的に取り組む方向け、金融工学の基本学習書
ふつう。まあメーカー品だと思えば良いか…
あんまりおいしくないかな・・・・。
乃木坂の魅力たっぷり。
某製品のコピーだけれど
ガムみたいなゲーム・・・かな
BD購入したが・・
文句なしのカミソリ
良い本だが普及版を是非
少女時代史上最強ライブ!!
ポルトガル
約27センチ(1/6)のドール素体
普通の布とどう違うのか分からない
戻る