フラッグシップからの乗り換え
私は以前まで、
2011年に発売されたNW-Z1000シリーズを愛用していました。
当時のフラッグシップで、
音は濃厚で重厚感のある音色が特徴でした。
これはこれで気に入っていますが、
最近電池の減りが極端に早くなってきたので、
新型を購入することにしたのです。

数日前にA20モデル(低音が若干強化されている模様)の発表があり、
A10がお値打ちになってきているのも購入の後押しになりました。


以下は音質のレビューになりますが、
イヤホンはゼンハイザーのMOMENTUM in-ear(高音に伸びと艶があり低音は強すぎない音色)を使っています。

A10シリーズの特徴は、
やはり音の濃密さにあるでしょう。
しかし、
その濃密さは鈍重とは無縁で、
軽快感を感じさせるものです。
恐らく、
重低音重視ではなく、
若干の高音寄りなテイストが寄与しているのだと思います。
また、
DSEE EXという機能が、
A10にはついていますが、
これはMP3音源であってもそれを解析し、
ハイレゾ相当の情報量に近づけるというものです。
たまに、
効果がよくわからないというレビューを見かけますが、
私は大きな音の変化を感じました。
これはもう一度聞けば戻れなくなるような音色です。
多くの楽器が鳴っているような楽曲でも、
そのひとつひとつが浮き出て聞こえてくるような感覚、
といえば伝わるでしょうか。
付属のイヤホンではその能力は発揮されません。
ぜひお気に入りのイヤホンを見つけて、
それで聞いてみてください。

ボーカルは、
男声女声を問いません。
男声が楽器に埋もれることはありませんし、
女声はむしろ引き立って聞こえるほどです。
とにかく解像度が高いプレーヤーであるため、
楽曲の全体が見渡せるような音なのです。
しかし、
特筆すべきはオーケストラの音色でしょう。
SONYと言えば豊かな低音というイメージがありますが、
A10はフラット系(ちょっと高音より)。
本当にバランスの良い音なのです。
たとえ高音が続く旋律でも、
余裕で抜けのある音を響かせます。
さすがはハイレゾ対応walkmanと言える出来栄えでしょう。
SONY ウォークマン Aシリーズ 32GB ハイレゾ音源対応 ブラック NW-A16/B

その他の感想

非常に平易だが、改善が必要な点もあり
DTCP-IP対応が微妙、再生環境が限られる?
アルミのキャンティーンに
犬の散歩用に
発展編と呼べない。基礎編である。
映りがぜんぜん違う!すごい
サイズ大きすぎました
ちゃんと機能しています
くそ彼氏がけなげな気もする
まさか、金属部分が二本の配線の一本とショートしていたなんて…。
最初はいいです
女神Lv99
信頼性◎
小室直樹の多岐に亘る学問の世界が俯瞰できる本
起立性調節障害でお悩みの方にお薦めの一冊
丈夫そうな太いステンレスの網です
基本機能十分です
MacBookProで使ってます
やはり、難しい
TMデビュー30周年♪
確かにコードの違いを感じました。
結局、すべてこのシリーズにしてしまった
必須だから買ってっるてだけです
熱対策と肩凝りの解消に
なかなか走り出さない物語。
期待通りのドレスでした!
おかえり。
話しは良いけど全体的におおざっぱ
落ち着いた赤で大満足(^^)/
フリークロスといほどの物ではない
戻る