米文学の古典。20年代の雰囲気とリリシズムに酔う。
言わずと知れた1920年代を描いた米文学の古典。

アメリカの教育現場ではHarper Leeの"To Kill a Mockingbird" やSalingerの "The Catcher in the Rye"を読んだ後くらいの“必読書”の位置にあり、
大方のアメリカ人は読んでいる。


従って書評の対象として適切か?という疑問はあるが、
このたび30余年ぶりに読み返して、
前回もうひとつピンとこなかったのと比較し、
今回は“これはおもしろい。
一字一句を追うのもスリリング”という感じで読めたので、
日本人が原書で読むという観点から印象を述べたい。


1.英語のレベル
英米の小説を色々読む比較感では、
“容易な入門レベル”とは言えない。

特に最初の2ページは“??? うん? 一体何を言っているのか?”という感じとなるが、
その後はぐっとわかりやすくなるので最初は我慢が大切。


2.読むに必要なbackground information
例えば“アメリカでは1920年に禁酒法が成立し、
女性の参政権が認められた”という時代背景、
New YorkのLong Island, Penn Central Station, Plaza Hotel, Yale Club、
ChicagoのUnion Station, Lake Forestといったネームに対する土地勘等々あれば越したことはないが、
アメリカ人でも限度はあろう。

今はインターネットの時代。
“ここはどうしても分かりたい”と思ったら、
調べられる。


3.文章
極めて抒情的、
詩的で気の利いたpassageが随処に出てきて思わず酔いしれる。


"And so with the sushine and the great bursts of leaves growing on the trees, just as things grow in fast movies, I had that familiar conviction that life was beginning over again with the summer"

4.構成
The Great Gatsby

その他の感想

商品について
ファン交換のついでに・・・
非常に小さくて持運び便利
コスパはかなり良い!
さぁ、夢の桃源郷へ・・・
電池!!!
悪くはないとおもう
7500円くらいです
初レビューです。
とにかく!
量子力学の初歩まで導いてくれる好著
うーん…
とても満足ですが、1点だけ不満がありましたので、星4.5です。
もう翔太くん主役でいいんじゃ…(-_-;)
敬老の日のプレゼントに。喜んでもらえました。
指定したファイルを差分で自動バックアップできるRAIDで安心
ミルクはミルクでも
aaaaa-CHOOOO!!! 
ぼくらの七日間戦争
最近お店にないので
シルコット汗取りパット20枚無地の感想
高い買い物になりました。
施主と設計士の関係を超えた交流の軌跡
反応検討の際のファーストチョイスに!
これで満足!買ってよかった
立派な製本が手作業で簡単に出来る。
とても楽しみ!
とても分かりやすい本です
スタイルもアレンジも塗装もよしだが
美味しくないし、中国産。でも便利
戻る