大沢親分、大いに語る
 きっと自分で書いたのではなく、
大沢親分が放談したものを文字に置き換えたものだろうけど。
そんなことは、
どうでもいい。


 大沢親分って、
大沢選手の時代から、
ずっと大沢親分だったんだ。


 まだ高校野球の時代に、
主審の判定を不服として、
試合後に主審にケリを入れて学校ごと出場停止処分になり、
なぜだか、
ケリを入れて締め上げたその主審の世話で立教大学に入学し、
南海の優勝も経験し、
日本シリーズを酒浸りで戦う。
あやしさ満点の野球人生なのである。


 後半は、
これから読む。
日本ハムの監督になってから、
そのことで、
知りたいことがたくさんある。
江夏はどうだったのか。
ほかの選手たちとの関係は?監督をやめて、
球団経営者の側になって、
それをこきやめたときはどうだったのか。
先輩評論家に喧嘩を売ったときの心境は。
現役時代から放言してやまない大沢さんのことだ。
ホントウの気持ちを、
どんどんしゃべってくれてだ。
しかも、
相手はみんな苦笑するしかないだろう。
この本の内容には。


 なにしろ、
判定に不服で暴行した主審が、
大学の世話をしやくなるような人柄だ。
言いたい放題いっても、
恨まれないところが大沢親分のすごいところだ。


 俺は、
この本を読みはじめて、
ほんとうに思う。
日本ハムファイターズの熱狂的ファンになっていて本当に良かった。
あの当時は、
あまりにも弱いので、
スクラップしていたファイターズの記事は、
勝った時は、
そのまま貼付け。
負けた時は、
負けた見出しを削除して、
イニングの得点とかも、
相手チームの得点のところを全部、
鋏で切り取り、
俺のスクラップみていると、
全試合、
日本ハムが全部勝ったように細工してまで、
熱を入れた愛するチーム。
どうだ。
ざまあみろ、
他のチームには、
こんなこと絶対にしてやらねえぞ。
ファイターズだけが特別なんだ。
球道無頼―こんな野球をやってきた

その他の感想

めっちゃくちゃいい!
村上和雄
両面テープで取り付けられる
注意が必要なのでは?
テント付属のペグに不満を感じたらおすすめです
分かりやすく、そして面白い!
会社用に
使用半年
久々に面白い
子供用とは別物
ろくでなし大好き人間専用映画
かなり面白いです
”指令室”に特化した本
自分をクリアーにし、内なる感覚を広げるのに最高の一冊!
ビギナーにはちょうどいい。
微妙なサイズ、、、
待ってました、新刊!
食べる煮干しとしてもおいしい。低価格・酸化防止剤ナシでさらに良し
ハイブリッドロックサークル=感傷ベクトル
小さいお子さんがいるかたに
感動……!俺ガイル好きなら読むべき!
CDもいい!
基本的なことから学ぶのに向いています
本当は、★3.5というところかな。
もう少しといったところでしょうか
よくおちる
グリーンシャワーとはまさにこのこと
不良品なのか転送速度が全く出ず
これは・・・教科書ですね
まさに「はじめ」から「ていねい」に
戻る