有段を目指す荒らしのテクニック
荒らしは、
実戦において重要な武器ですが、
その時期や場所あるいは方法を誤ると、
相手に強力な壁を作られたり、
打ち込んだ石が死んだりします。
本書は、
カカリ、
ツケ、
三三の選択方法から、
小目の構え、
星の構え、
辺の急所まで、
実戦に頻出する形を多数取り扱い、
荒らし方のコツ、
考え方、
テクニックなどを分かりやすく解説してあり、
応用も効く構成になっていると思います。
有段者を目指す方にとって十分な内容ですし、
有段者の方は、
実戦頻出型の再認識用として最適と思います。
荒らしのテクニック (囲碁人ブックス)

その他の感想

中距離用に
かゆいところに手が届く
目立たせたくない人向け
最終的には自分の好きな事…
美味しい黒巻のり
今読んでも新しい
上級者向けマリオ
DDR
パンに対する考え方が変わった
思ったよりいいですね!
MG6130で使用、リピーターです。
日本の軽やか作品とは違います
資本主義サイクル発展の歴史
個人的にカニエウェストはもっと上位
機器分析を行うものには必携の一冊
卒業イベント用に…
大好きなバンドなので
華やかです!
壊れた。
里山研究の貴重な書
仕事でも
魅力ある価格です
とても良い!!本当に良いと喜ばれました!
6セルとさほど変わりません・・・
良書!
「原理」から「実臨床」へ橋渡しをする集中治療の名著
普通にいい!
一般の紙袋?
数ある肥料の中で一番のお勧めです。
まったく駄目
戻る