バトル巻
世界一の殺し屋「死神」とのバトルがメインの巻です。

と言ってもこの巻ではE組生徒の見せ場はほとんどなく、
次巻に持ち越しの模様。

烏間先生の活躍はヒーローもの的なかっこよさがありますが、

久しぶりにE組生徒のキャラ掘り下げが全く無かったのはやや残念。

一方でビッチ先生の繊細さが垣間見えたのは良かったかも。

ラストは地味目の生徒が活躍しそうな前振りで終わったので、
続きに期待します。


本編がシリアス度強めだった分、
最後に収録されていたキャラクター人気投票の結果発表で和みました。

わざわざ男性票と女性票の割合を示してるのは珍しい気がします。
暗殺教室 12 (ジャンプコミックスDIGITAL)

その他の感想

心眼を鍛える本・・・信じる・信じないの結果は自己責任
大変よく切れます
ふわっとしてます。ポタージュというイメージではないかも
よだしょー
思ったよりは大きかったけど
載っている問題は悪くないと思います。
ボリュームのある充実した内容で長く楽しく遊べる。通信対戦は、はまります。
地味ですが効果アリ!
予想はしてました。
大変よかったです。満足しています。
みたままの商品です。
理工系、アート系、両者必読
単品では案外、売られていないものですね
悪くはないが、ENTERTAINMENTには劣りますね・・・。
合わないです
夏の長袖
OKでしょう
たいへん満足です
AMラジオの受信が
実際に3Dプリンタを扱ってみて
サバイバー聖書
サプリメント業界のまわしもの?
500円
色あいがいい
とても詳しい
臭いもなく使いやすい!!
最低限の
現代社会の問題を解決する糸口を、狩猟採取民族が持つ自然観の中に見出そうとするが・・前途は厳しい
不思議です・・
めんどくさくない
戻る