『されど、大東亜戦争の真実 インド・パール判事の霊言 (OR books)』読みました。
最初から最後まで、
正論正論の連続で、

「そう、
そのとうり!!」と喝采を叫んでいました。


それにしても、
遠いインドの地に大東亜戦争の
真実をこれほどわかっているインド人がいたとは。


日本人より、
よほど大東亜戦争の真実がわかっていると思います。

パール判事に比べると、
現代の日本人は
何も大東亜戦争の真実がわかっていないと思います。


とくに、
左翼系の日本人はパール判事と正反対の
ことを主張しているので、
ほとんど狂っています。

(まあ、
左翼は大東亜戦争だけではなく、

ありとあらゆることについて狂っているわけですが)

パール判事はゆうめいではありませんが、

日本人を有罪にするために行われた東京裁判において、

ただひとり「日本無罪論」を主張し、
正義と真理を貫きました。

その勇気、
正義感、
立派さは、
まさに偉人の名に値します。


そのパール判事が1967年に帰天されてから初めて
高級霊界から大川隆法総裁の口を通して、
ご自身の考えを
語ったのが今回の霊言であり、
霊言の中でもきわめて貴重な
価値ある霊言である、
といえるでしょう。


第二次世界大戦当時の世界状況は全世界のほとんどが
欧米列強の植民地になっていて、
アジア・アフリカ諸国は
欧米列強に搾取されていました。


また、
当時の有色人種たちは欧米の白人たちから動物扱い、

家畜扱いされており、
彼ら白人は有色人種を
人間と思っておらず、
動物並み、
家畜並み、

あるいは、
それ以下に扱っていました。


このような白人による不当な人種差別を
ぶち壊したのが日本の大東亜戦争であったのです。

つまり、
大東亜戦争は聖戦であったのです。


日本人が大東亜戦争で戦わなければ、
未だにアジア・アフリカは
欧米の植民地であり、
私たち日本人をはじめとする有色人種は
白人たちにより、
劣等民族、
動物、
あるいはそれ以下に扱われていたことでしょう。
されど、大東亜戦争の真実 インド・パール判事の霊言 (OR books)

その他の感想

混ぜ物として問題ないです
通常版とのちがい
貼り方にはコツ・慣れが必要
こどもに読ませたい歴史教科書
巨大戦艦アクアリウム
お店で試飲するが吉
納得です。
教科書とよく照らし合わせて読むように
仙人上層部参戦
根拠のない自信が羨ましい
粘着シートはB4より大きめ
快適に使用中です
面白い試み
お値段手頃で良いと思います!
釣士道 フィッシングナイフ TG-8114
メディアの持ち運び用に
普通にフラワーケース横長です
安さだけが評価価値。
部活の練習着に最適
4歳の誕生日プレゼントに
海外資産の相続を巡る問題についての基本的事項を知るには良い
インパクトのあるパワーポイントによるスライドを作成したい方に好適
見本とは微妙に違う
ゲームの進化を感じます。
巻き取るとシワになる
超おすすめです
サクサク切れます
僕には合わない
ふっくらと、すぐに味がしみ込んでびっくり!感激のお豆の本
我らがキャプテン・オリマー!
戻る