「時」の経過ということを、改めて考えさせられた
『33年後のなんとなく、
クリスタル』(田中康夫著、
河出書房新社)を読んで、
「時」の経過ということを、
改めて考えさせられました。


33年前に発表され、
話題になった『なんとなく、
クリスタル』(田中康夫著、
河出文庫)の登場人物たちの33年後の物語です。


「記憶の円盤」が戻ってくると、
33年前のことが生き生きと思い出されるという形で、
当時と現在の出来事が交互に描かれていきます。
この記憶装置の設定に影響されて、
私も自分の人生を振り返ってしまいました。


「33年前、
大学卒業直前に停学処分を喰らって留年し、
ある意味では人生最初の大きな挫折を経験した僕は、
5月の連休明けから学内の図書館で、
生まれて初めて取り組んだ小説を書き上げ、
同月末が締切日だった『文藝賞』に応募する。
僕よりも3歳年下の由利は、
その処女作に主人公として登場した」。


「『違うわよ。
みんなそれぞれ、
いろんな人生を積み重ねて、
年齢を重ねて、
だから今、
ヤスオに会ってみたいのだと思うわ。
自分の話を聞いてもらいたいのだと思うわ。
あなたの話も聞きたいのだと思うわ』。
由利は、
僕を見つめて語り掛けた。
嬉しい話だ。
でも、
少し綺麗事すぎるセリフじゃないかな」。
由利の言葉どおり、
登場人物たちが、
その後、
それぞれの人生を歩んできたことが明らかにされていきます。


「卒業後に1年半だけ腰掛け的に東京で働いた彼女(由利の友人の江美子)が神戸の実家へ戻り、
父親の知人のお膳立てで巡り合った相手と結婚するまで、
僕たちは幾度かベッドをともにしている。
その江美子は、
1年も経たぬうちに離婚することとなった。
結婚相手の男性は実母との間に、
『乳離れ』出来ない『お肉の関係(ペログリ)』が続いていたのだ」。


「語りながら僕は、
奔放だった江美子とも『ペリグロ』したのが学生時代に発覚して、
ヤスオったら、
もぉ~っ、
キーッ、
と由利がお冠だったのを思い出した。
もしや、
彼女にも記憶が過ぎっているかな」。
新装版 なんとなく、クリスタル (河出文庫)

その他の感想

安くて内容が濃い!
ルーペで拡大して見てください
まとめ本では密度が高いです。
メリー・ポピンズの見方が変わります。
音質、気に入っています
迅速ではあったけれど
使用して1週間の感想
素材に固さがあって崩れないのが良い
4冊目の短編戦争(デート)、開始です。
最初から最後まで面白い
文字が小さく細かいので
イメージと違うけどなんだかんだ満足
よく調べたもんだ。
最高画質のアリス
ほんとにあったかい
功罪相半ばする一冊
自動メニューの温めが足りない。
ほぼ紙
脱原発の最良の理論武装の書:日本を属国化している日米原子力協定の破棄を!
勢い中国語を直す
お安くて満足
技術書なのに使用素材がない・・・
天下、取っちゃいなよ!
低摩耗。それ以外は最低。
構造にもう一押しを
見た目と使いやすさが良い
必殺本だと思います。
イラストのサイズはipadくらいです
シンプルで扱いやすい
ひたすら地雷原
戻る