世界の悪人
世界中の極悪人について、
書かれています。
毛沢東、
ポルポト、
スターリン、
フセイン、
ヒトラーなど世界史的な人物から描かれて、
そうだったのかと大変興味深いです。
その後、
世界史的には、
有名ではないけれど、
世界の残虐人間の話が続きます。
表は善良な隣人だけれど、
裏では、
猟奇的な行動に走る人間たちが描かれています。
人間の実像を考えるのに面白い本だと思いました。
世界史の勉強にもなります。
世界極悪人大全―「野心」と「渇望」と「狂気」の果て (文春文庫)

その他の感想

心地よい音
ロードにぴったり
激変中のカンボジアを語った読みやすい貴重な書籍です。
歯が小さくて取り回しがいい
傘が…
イスラム金融道
プリキュア大好きな
個人的には、すごくお勧めのシリーズです。
ダメですね(原題:Humming bird)
字幕は?
特殊な設置場所で活躍
カッコいいね‼
遠くまで見やすい
書き込みが遅い
ド真ん中ストレート
箱を開けたらいい香り
本物の保守を。
セサミファン大満足、絶対オススメ!
楽にオイル交換出来ます!
新鮮味は?
A motley collection of 100 intriguing stories
簡素なつくり
良い生地で着心地は良いのですがおまたのVの幅が狭いのと、ワンサイズ大きいのが欲しいです。
スタイリッシュで恰好いい。
寸法が違う
高いけど実力あり!
基本語の使い分けに特化したVocab本
就寝時に耳栓と併用して利用
マット
持続可能社会を「哲学」できる経済学書
戻る