TC-123との比較
両モデルとも価格は現在¥3,500前後。
どちらにしようか迷っている方に実使用比較情報。

1.実際の見た目スタイル:
置いている時はTCーE5121W の方がデザイン的にスマートですっきりしてバランスが良い。

2.吸い込み性能:
仕事率15WのTC-5121Wより、
当然70WのTC-E123のほうがよい。

但し畳・フローリング床のみであれは、
TC-5121Wでも全く十分です。

絨毯もということであればTC-E123の方が良いかもしれません。

3.騒音と排気
TC-E123の方が20%位うるさく聞こえ、
普通の掃除機並みかちょっとだけ低い感じ。

TC-E5121Wは少し甲高いが、
音は小さ目でさほど気にならない。

排気は、
TC-E123は左右からブアーと吹き出て、
近くの見えない埃をまきあげているようなので
マスクを着用した方が良い。
鼻・のどが弱い私はは問題がでた。
TC-E123は同じく左右から
出るがパワーが弱い分マスク、
も鼻・のどの心配はない。

4.その他:
ノズル、
透明゚ラゴミケース、
アウター・インナーフィルターとも同一サイズ品。

スティックの取り外しはTC-E123はワンタッチ、
TC-E 5121はネジ&コインで外す。

コードの取り回しは全く同じですが、
隙間ノズルの位置はTC-E123はスティック横にしか付かない。

5.結論:
畳・フローリング・薄い絨毯専用であればTC-E5121の方が良く、
フカフカ絨毯もというのであれば、

排気とより大き目の音をガンマンしてTCーE123でしょうか。

それにしてもTC-E5121は画一な工業製品なのになぜ最近の株価の様に価格が乱高下するのでしょうかね・・・。

(だれか、
そのカラクリを教えて下さい。

最後に、
TC-E5121はアマゾンで¥3,200、
TC-E123はHC・シマホで¥3,050(税込)で
今月(8月)購入。
ツインバード TC-5121W サイクロン スティック型クリーナー ホワイト

その他の感想

謎が謎を呼ぶ
食べやすく美味しい今までで最高に気に入りました!
楽しくよく遊んでくれる商品ですが、耐久性に少しだけ不満
本当に使えるのか。。。
今治産の素敵なタオル
すべての曲
仕上げ磨きに最適
便秘にとてもよいです
簡単だけど・・・染色は???
効果は予想以上
つまみ、というよりは立派なおかずです。
純正はやっぱり問題はないです。
安く早く手にはいりました。
小さいですが、厚みは◯
期待以下かも
シリーズ最高のエピソードです。11巻12巻のまとめ買いをお勧めします。
図が豊富
ショップからの連絡なし
deoシリーズは、どれも効果あり
特典豪華。
仏教への最初の扉。
DVDはシンプルなほうが強い
かわあー!
安いのでまぁこんなもんかと
安物買いの銭失いを卒業!
新曲MVが最高でした。
娘が使用しています。
建築と地域・文化との関係について再考させられる本
がんばったね
本を読みたいならこれ!
戻る