Bambooの後継機種です。
読み取りサイズはSサイズでハガキや文庫本くらい、
MサイズでA5くらいです。


以前まではアマチュア用の「Bamboo」と、
プロ用の「Intuos」というブランドがありましたが、

新機種から統合され、
アマチュア用は「Intuos Pen」、
プロ用は「Intuos Pro(6相当)」になりました。


アマチュア用はIntuos1〜3相当の筆圧1024。
(FAVOはさらにその半分の性能)
プロ用は4からProまで基本性能は変わらず筆圧2048のままで、

小型化や便利機能の追加のみに留まっています。

プロ用のみ「文字認識モード」にする事で、
より入力精度が上がります。


ただ、
この便利機能のせいで「タッチ機能がついているモデルはオーバーレイシートを
自力で交換できない(有償修理扱いになり5000円取られるらしい)」状況となった為、

Intuos4とIntuos5のタッチ機能無しモデルにプレミアがついてしまい、

プロ用は、
最新型の新品を買おうが、
中古を買おうが、
ほとんど価格差が無く、

Sサイズの新品が2万、
Mサイズが中古で2万円、
新品で3万円くらいします。


一方、
Intuos PenのMサイズはソフトとの抱き合わせしか無く1万5000円ほどしており、

(しかもCLIPは2年間の期間限定ライセンス)既にCLIPやフォトショを持ってる人にとってはアホらしい。

Sサイズにも「CLIP PAINT DEBUT」はついてくるので、
漫画を描きたい期間だけ
CLIP公式サイトからProの1ヶ月ライセンスキーを500円で買う、

またはダウンロード版を5000円で買えばいい。


デスクトップで使うにはせせこましいけれど、
ノートPCには十分な大きさですし。

中高生がお小遣いで買うなら、
これで十分だと思いますよ。

どうしても安くて大きいサイズが欲しいなら、
Intuos PenのMサイズより、

プリンストン製がいいかも。
ワコムのMサイズ相当の大きさで5000円台、

筆圧感知2048モデルで7000円台です。
ワコム Intuos Pen ペン入力専用モデル Sサイズ 【旧型番】2013年9月モデル CTL-480/S0

その他の感想

バックライトだけ非常に残念。
適度な硬度で楽かも…
チューリップみたい?
必要かつ十分な商品でした。
ダダってなんだ?
色が豊富!
ろーるぱんなとめろんぱんなの違いを教えたくて
BLACK的純愛物語・・・
時代の変遷とともに素晴らしく向上
英語で考えて英語を話すために、イメージを身につけよう
私もメフィストさんがお気に入り
サイズは1~2サイズ大き目を
※注 下ネタのオンパレードです
少し残念です…
最高です!(ネタバレ注意)
好きな香りです
ファースト写真集なんだしぜんぜんこれでもOK
値段の割にちゃんとしている
家にバリスタがある人は
警察官試験のバイブル。
こどものランドセルに
外伝シリーズの中でも優れたほぼ完璧の出来
TOTOの取付に使用
参考書を汚さないのでテープ派です
孫が喜んでいました。
編み上げが面倒な私は満足です。
24ジャックバウアーモデルの青ver
愛するとは、恋するとは、人工知能を通すと、それはしょせん、自己満足の域をでていないのではないか
商品はとてもいいです。
wanchan
戻る