Dockerの本質を理解している著者だから書ける分かりやすい入門書
Dockerの本質を理解している著者だからこそ、
分かりやすくシンプルに説明されている。
最近のLinuxの前提知識があればそれほど難しくはない。

ページ数として多くないが要点がまとまっていて読みやすく、
継続的インテグレーションやバージョン管理ツールのGitなど必要となる前提知識もバランスよく解説されている。

また、
本書はCentOS 7/RHEL 7ベースでステップバイステップで解説されており、
手を動かしながら知識を深めていく事ができる。
実際に試しながら読んだ方がよいと感じた。

後半には、
オーバーレイネットワークのflannelや、
オーケストレーションツールのKubernetesなどDocker周辺ソフトウェアについても図解で分かりやすく解説されており、
この点もポイントが高い。

Dockerは発展途中ではあるが、
そのDockerの最新動向を的確に掴む上でも、
この書籍は一度読む価値があるだろう。
Dockerを取り巻く基礎技術について、
さらに深い知識を得るためには、
参考文献として挙げられている情報や書籍も読む必要がある。
Docker実践入門――Linuxコンテナ技術の基礎から応用まで (Software Design plus)

その他の感想

問題ないでしょう。
これか・・・!?
とても理解しやすくいいです。
たしかに「面白い」
コックピットからのメッセージ本
評価以前の問題です。
貴重な資料ですが、扱う時代区分が今一つ
ブルガリ展のカタログが手に入らなかったので
こんなものまで売っているのかと
地歌三曲を次の世代まで
いつも購入しています
東京に咲いた、地獄の華
よく伸びるので、臨月まで愛用しました
気持ちが落ち着く音
HP-A3からのグレードアップです
半数しか使えない
国公立大二次試験用の実戦問題集
謎の選出
高野山の全てが凝縮されている、優れたガイドブック!
ニコルらしい1枚。
代わりのもので代用できない便利さを付加してある
ハロウィンは毎年、購入してます。
第6章は必読
海の中で撮影!
キツくて…履けませんでした(ToT)…
接着剤
液晶が壊れましたが…
ここまで積み重ねてきた二人の生き様と思いが確かに通じ合った、見事な演出
想像以上にゴツかった
継続して摂取することで効果があります。
戻る