有名な「オペラ座の怪人」のリトールド版
Oxford Bookworms LibraryシリーズのStage 1(400語レベル)
語数 6,230   YL 2.0

舞台は、
19世紀末のパリにある世界最大級のオペラ座。

このオペラ座には、
怪人が住んでいるという噂があった。

黒い服を身にまとったこの男を見たり、
あるいは声を聞いた
という噂が後を絶たなかったのだ。


あるオペラの夜、
La Carlottaの代役を務めたChristineは、

以前とは見違える歌声を披露し、
パリ市民の心を一夜にして
掴んだ。

その歌声を聴いた一人、
Raoulは、
Christineにアプローチを
かけるが、
誰もいないはずの部屋からは男の声が聞こえて
きた…。
Christineは、
歌を教わった先生がいると言うが、

いったい誰なのだろうか?ストーリーの展開とともに、
怪人
の正体とその背景が明らかにされていく。


語数の割には登場人物が多いのと、
またフランスの慣れない
名前や地名が登場するので、
その点で読みにくいと感じる方
もいるかもしれない。

MMRやPGRで出ているものよりも少ない分量でリトールドされ
ているので、
展開が早くてもあらすじを簡単な英語で読みたい
方にいい本である。
The Oxford Bookworms Library: Stage 1: The Phantom of the Opera: 400 Headwords (Oxford Bookworms ELT)

その他の感想

某テーマパークで採用
女性でも違和感なし
重く、そして苦しい
手軽なフレンチメニューが多い
すごくおすすめです!
知りたかった事が知れる内容でした
性能、作業性には大いに満足できますが、前面の配線が建物美観を損なうおそれあり
量がよかったです。
簡素な装丁だけど中身は豪華
これはいいですね
待ってたんです!
鳥山先生に感謝
黒カバンにシルバーも悪くない。
髪つやつや
又買いたいです。
けっこうかなり明るいです。
LAMYボールペンの補充用に。
親子ではまってます
ゆず…
レイトン・ファン
WebブラウザでドラクエI
主にお風呂で
監督力。
効果なし、看板に偽りあり(涙)
幻想的な夜のサーカスの描写が魅力的
従来品で満足出来ていない方向け
狩猟初心者の苦労、体験がよく表現されています。
しっかりしたつくり
楽しい美味しい!…けど。
結構面白い訳 シェークスピアの入門編
戻る