難しい話題を丁寧に解説
前半は計算機の歴史を追っています。
チューリングに始まり、
フォン・ノイマンに繋がりますが、
フォン・ノイマンが量子論の専門家でもあったことから、
ここから量子コンピュータの話題に移っていきます。
最新の話題を追っているので、
最後は断片的な記述になっているのが悔やまれますが、
現在進行形のトピックなので、
やむを得ないところでしょうか。
サイモン・シンの「暗号解読」も、
同じ話題を扱っていますので、
ご参照ください。
シュレーディンガーの猫、量子コンピュータになる。

その他の感想

そんな気にはしてないけど
目からウロコです
1回目で水没したとあきらめていたら・・・復活?
今も愛される「影の名作」
クセがなくて食べやすい
※辞書です。
新たな旅立ちに
10M明らかにUPしました
履けそうだ!
子どものリトミック
現代アジア最良の知性が語る
久々の伊佐次・お文の人情情話。
社会には抜け道があるからそこを通れば楽しく生きていけるよ!やったぜ!って本ではないです
なかなか見つからないサイズ
高価、しかも使いにくい
告白2回目
風早くんにキツイ1発を喰らわせるための助走
評価の分かれは人による。価格はセール価格が限度
ピンバッジ土台
読みやすく楽しめる伝記
le coq sportif(ルコックスポルティフ)長袖サイクルジャージ
胸の開きが予想以上
励まされた!
マクロスは 歌に本気(マジ)だ。
キャラの誰も魅力を感じない
直火で使えます
ガムの噛みすぎにはご注意下さい
この本について。
いい意味で普通です
モップがちゃっちい
戻る