「驚くべきこと」しか書いてないハイパーエンターテイメントノンフィクション!
ページを1枚めくるたびに、
そこには自分の知らなかったことが書いてあるーー
これこそが読書体験の醍醐味だとすれば、
本書は(比喩ではなく)全ページに「驚くべきこと」が記された、

脅威のハイパーエンターテイメントノンフィクションといえる一冊。
超大傑作。


高野秀行さんのノンフィクションが(いい意味でも悪い意味でも…いや、
やっぱりいい意味で!)どれも極めて「小説的」なのは、

圧倒的に魅力的なご本人の人柄から生み出される軽妙な筆致に加え、
読者の想像を軽々と超える出来事が不思議なほど次から次へと巻き起こるからだろう。

本書でもその持ち味はいかんなく発揮されている。
…というか、
今回、
「未知の探索」場所として選ばれた、

謎の独立国家にしてハイパー民主主義国家ソマリランド、
海賊国家プントランド、
戦国南部ソマリアにおいて、

「高野ノンフィクション」の真髄は完全に爆発した感がある。

(ノンフィクション作家の石井光太氏が「この作品で高野秀行さんは「超人」の領域に入ったと感じた。
本気で」と書いてたけどまさにそんな感じ)

なにしろ、
著者を乗せた車が銃撃されたことがエピローグでさらっと書かれるくらい(普通はそこをクライマックスにしたくなるでしょ…)、

びっくり箱をひっくり返したような驚天動地の出来事、
事実、
会話が500ページにわたって繰り広げられるのだ。

それこそ、
これだけポップかつ内容の濃い本にはもう二度と出会えないのではないかと不安になる。

とにかく、
本を読む醍醐味を少しでも知っている人には至福の読書時間になること請け合い。


以下は、
これだけ絶賛されててもその分厚さや価格からまだ読むのを躊躇っている人のためのメモ(書評の数々)。

http://www.webdoku.jp/newshz/zasshi/2013/05/14/142547.html0
謎の独立国家ソマリランド

その他の感想

カッコ良い!おすすめ!
ノイズは酷い
半信半疑でしたがすごい効果が!
第2版の第1版との違い
結核の入門書としておすすめです
初心者の人に向けた実用書
俗論や思い込みから離れ、国際政治について頭を「リセット」する。
簡単施錠
攻略の参考にした漫画
ELPA 口金変換アダプター E26→E17 耐熱・磁器製 B-2617H
一つ注意点があります
値段は4枚入りで安い
良い靴でしょう。
オヤジにも効く
体にいいものです。
基礎事項確認用の問題集
「顧客と開発者の用語統一」を挙げるとは秀逸
武術家としての松田先生の姿をうかがうことの出来る一線級の資料
千年の時をこえる金字塔
タッチペン反応せず  サポート最悪
コンタクト
俺が原作やったほうがまだ面白い
やった〜
とても気に入っています!!
鳴りが良い RICO-Jazz Select のリード
炊込みご飯にしました
タッチパネル機能が誤動作して使い物になりません
名前の通り
残さず食べる
野菜スープや湯で野菜専用に使用していました。
戻る