次巻はまだですか?
個人的に今一番首を長くして次巻を待っている漫画。

本巻は本来6月発売のところを1か月前倒しされたとのことだが、

読了後、
すぐに第5巻の発売情報を探してしまう程に面白かった。


内容としては、
パリヤのお見合いと、
双子の「乙嫁」の結婚前夜まで。

傷心のスミスはひょんなことから双子に出合う。

表紙も飾っているこの双子、
非常にインパクトあるものの、

顔はいいとして髪から装飾品まで全て同じ。

劇中どちらが姉で妹なのか見つけることが出来なかったが、

そもそも風習として双子には姉妹という概念が存在しないのか、
あえて同じように描いている節がある。

印象としてはライラが若干お姉さん気質のような気がしないでもない。


ただ流石の作者、
コピーなど一切なく、
2人の外見を同じように描いている。

本巻ヒロインは褐色肌ということもあり、
トーンも沢山貼れてさぞご満悦のところだろう。

番外編の漫画の「目で語る馬」これには感服した。


また蛇足だが、
この漫画の主人公はスミスだと恥ずかしながら本巻の紹介帯で初めて知った。

スミスが劇中随所でメモしている内容をもとに、
今まで出会ってきた乙嫁についてスミスが語る、

いわゆる伝記(あるいは説話)モノなのだと考えると、
なるほど「乙嫁語り」なのだなと。

確かにこの作品の小説版が出たら、
語り部は当然スミスになるはずだ。

こうなると嫌でも邪推してしまうのが、
最後の乙嫁は誰になるのか、
という点で、

やはりスミス自身の妻を乙嫁として取り上げるのか、
非常にニヤニヤしてしまうところである。


次巻は双子の乙嫁の結婚式と、
少しずつ進展しているパリヤの結婚話。

5巻はついにパリヤが「第4の乙嫁」としてめでたく表紙を飾るのか、
非常に楽しみである。
乙嫁語り 4巻<乙嫁語り> (ビームコミックス(ハルタ))

その他の感想

吉宗、源路の青くて静かな純愛もの。
不思議のダンジョンとパーティー戦闘との相性
安っぽい青さ
世間で言われるほど、悪くないです。(「☆3.5」)
本皮バック
還暦祝いの赤を注文したのに
ベビーベッドを使っている家なら勧めます
穴埋めトレーニング讃
ホコリ取りシールは何気に良かった
ゴルフ名言集
商品の状態はとてもキレイですが、
接客管理の参考書
買ってよかった。一生物の一冊です。
お得でおしりに優しい
新築を計画の人に
TONEとKTCを半々の割合で持っていますが
現在でも入手が出来る、VHS-Cカセットアダプター
特に安い買い物では無い
アースカラーか、地味でよろしい
出色のノンフィクション
7月号は良かった
熱い思いを。厳しい鍛錬を。素晴らしい記録です。
日本が世界に誇れる才能
やりづらかった
絶対お得☆
全部自演
y、なべちゃん
信号解析のレシピ集
ミョ〜な絶滅生物大百科を持ってる人は注意!
春夏用の為かぴったりサイズ?
戻る