図書館利用者に対する観点は一方的な気がするが、出版界のバックヤード話は興味深い
 著者は1960年生まれで、
書籍の編集・出版を生業としてきた人物。
出版社経営者のほかにも、
歌舞伎やクラシック音楽、
映画といった分野の著作もあるということです。

 そんな著者が自らの書籍購読歴を披露しながら、
本を買うための知恵と工夫を紹介するという趣向の書です。


 その知恵と工夫の一端は以下のようなものです。

 人気作家のベストセラー本は大型書店で。

 商店街にある<町の小さな本屋さん>では買い忘れがないように雑誌や全集、
シリーズものを。
特にパートワーク(分冊百科)とよばれる形態の書籍でCDつきのものはコンビニで売らないという暗黙のルールがあるので近所の書店に注文するのがよい。

 応援したいと思う作家の新刊はすぐに買うべし。
新刊が多く売れる作家には出版元が次回作を書かせようという気になるから。

 紀伊國屋書店や丸善・ジュンク堂のサイトは、
書店の在庫状況も検索できるので、
出向いていく手間を惜しまなければアマゾンに注文して郵送を待つよりも早く本が手に入る。


 こうした購書術のひとつひとつに頷かされながら読むと同時に、
出版界の興味深い裏事情にも目を魅かれました。

 大手版元は書を売る力があるから5000部以上を作るのではない。
書を作るために関わる大勢の人々の経費を賄うために5000部以上作るという前提の企画しか通らないだけ。
その一方で零細版元は所帯が小さいので2000部程度でも採算が取れる。
つまり世の中に大手版元しかないと、
2000部程度の需要しかない本は作られなくなってしまう。

 また大手版元ほど駅前の大型書店だけではなく、
商店街にある<町の小さな本屋さん>の存続を期待している。
小規模店がなければ多くの部数を全国津々浦々まで届けることができない。

 印税とは売れた部数に応じて支払われるのではなく、
印刷・製本された部数に応じて支払われる「発行印税」である。
その一方、
電子書籍の場合は「実売印税」制度が取られている。
出版社社長兼編集者兼作家の 購書術: 本には買い方があった! (小学館新書)

その他の感想

人混みで目立ちます
VERSOS 11.6インチ(12型)ポータブルDVDプレイヤー VS-GD4110
家でポップコーンが作れる!
第一精工(DAIICHISEIKO)
かなり参考になりました!
インライン用
かわいいのですが。
6段か4段か?
最低の脚本・演出、シリーズ最低最悪の作品
とてもバランスの良い入門書
ブルーレイ
我が「オールド・ワイズ・マン:老賢神(人)との40年目の会合」
前作よりライト
ぐっじょぶ!
かわいいっ
達人達のスペイン語
軽量コンパクトで携帯可能
これは深い…
面白いけど、ちょっと高い(;,;’_ゝ`;□ヾ(・ω・`。) フキフキ
コスパ抜きにしても美味しい
エイデン最高! 
中南海の政治抗争をたっぷり
まさに再生可能エネルギーの本質に迫る力作
好きな香りなので。
2012年11月 再販予定
防水・・・。
店頭では品薄
ハイレゾ再生にも効果あり
確実な対応
品質悪い
戻る