あってはならないほどおぞましく、悲哀に満ちた作品
Kingの代表作のひとつであり、
最もおぞましい作品だろう。
もちろんここで話の筋について書くことは着ないのだが、
シカゴから主人公の母校にあるメイン州の病院に職を得て引っ越してきた医師一家を襲う一連の事件が描かれている。
Kingの作品には、
“The Dark Tower”シリーズや“The Stand”のように長くなってもいたし方のない作品もあるのだけれども、
最近の“Under the Dome”や“11/22/63”のように、
ここまで長編にしてしまう理由が見当たらないような作品も少なくない。
ところでこの作品は、
超長編の比較的少ない初期の作品の中でも、
内容から判断して程よい長編になっていると思う。


細かい話になるかもしれないが、
いきなり主人公である医師は3歳の時に父親を失うと言う設定になっている。
実際のKingが幼い頃に父親が家出してしまったために、
どの作品も例外なく父親の影が薄い。
もちろんこの作品や”Firestarter”のように、
父親が主人公である作品も少なくないのだけれども、
印象の薄弱な父親と言うのは、
この作家の特徴と言っていいだろう。
そうした弱さが、
この作品の底辺を形成していると言うのは言い過ぎだろうか……。


ところで話の筋を曖昧な形で語ってしまうのだが、
設定は見事である。
怖さで言えば、
この作品は他の作品を上回るだろう。
そしてKingらしい人間描写もあちこちで見ることができる。
映画も悪くはないのだが、
迫力では小説にかなわないのではないだろうか。
次々と医師一家を襲う悲劇も見事に描かれている。
そしてそれを解決するために、
主人公である医師が取った解決策とは……。
映画を見てからこの作品を手に取ると、
思わず最後の場面を読みたくなってしまうのだが、
映画よりもこちらの方がおぞましく、
そして悲しいと思うのだが、
いかがだろうか。


ところでこれだけの作品のReviewがたった一つしかなかったのは、
何かの間違いなのだろうか。
amazon.comでは681もあり、
goodreadsでは219,404もあると言うのに………。
Pet Sematary

その他の感想

宇津木龍一先生の極論の前に読むべき本
ずーっと変わらない
レジェンド的商品だけど、長持ちで、良い商品です。
想像とは違う音でしたが・・・。
今まで飲んだ豆乳の中で一番のおいしさ
駄作、そして怒り。
明らかなパワーダウン
基本的な機能のみであればOK、他のメーカーに比べ拡張機能が乏しい。
良いハチミツです(^ω^)
騙されたと書いている人と同感!
思ったより・・・良いね!
内容と表題がマッチしてない
2015年賀状シーズンを終えて。
読み出したら病みつきっ!
問題解決しました!
Microsoft Office Personal 2016
リアルな戦争映画では決してない。
随分静か。
表現が古いということはないはず
大きめを買うと良い
とっても重宝しています。ただ蓋が洗いにくいのが残念。
最近多い考えるスキルものですが、リアリティのある切り口でした
読んで「しまった」
初期不良でした
良かった
終盤の基礎知識として、こんなのが早く欲しかった☆
伝説の英雄登場(登場しただけ)
にわかで遊ぶには十分です。
DVDがとても良い
正直ダレてきてる
戻る