和辻哲郎の名著『風土』を超える日本人論の傑作
 謎めいたタイトルと大胆な仮説、
そして丁寧な検証。
法隆寺の建造目的は聖徳
太子の怨霊鎮魂であり、
『日本書紀』の実質的な著者が藤原不比等と論じる『隠
された十字架』(梅原猛・著)を彷彿させる。
そして、
本書『国土が日本人の謎
を解く』は、
その期待を裏切らない。

 本書はそのタイトルの通り、
ヨーロッパから見れば極東(Far East)に位置す
る島国「日本」の国土が、
長い時間をかけて、
世界にも誇るべき日本人のアイデ
ンティティを育んできた、
その謎を解き明かしていくという大きな物語である。

 序章では、
国土の自然条件とそこでの経験が、
民族の個性を規定すると定義。

「積み重なる歴史」「変わらないことを大切にする文化」「紛争死史観」を持つ
「人為の国」ヨーロッパ(人)に対し、
日本(人)は「流れる歴史」「変わるこ
とを尊ぶ文化」「災害死史観」を持つ「天為の国」であるとした上で、
われわれ
は日本人であるということを今一度見つめ直し、
「日本人をとりもどす」ことか
ら再出発しよう、
と語り始める。

 第一章では、
「地震」、
「津波」、
「火山活動」、
「風水害」、
そして「飢餓」
を加えたわが国の自然災害史が掘り下げられる。
そして、
こうした大規模な自然
災害が、
われわれ日本人のものの考えた方や感覚に大きな影響を与えてきた、

本の歴史を動かしてきたと解説する。
「御成敗式目はなぜ1232年に制定されたの
か?」、
「法然、
親鸞、
一遍、
栄西、
道元、
日蓮など、
鎌倉新仏教の巨星たちが
なぜこの時代に生まれたのか?」、
「八代将軍徳川吉宗の子孫のみが、
なぜ御三
卿という将軍家を継承できる特別の権利を認められたのか?」、
「幕末・明治維
新の背景には何があったのか?」など、
ここで取り扱われる歴史テーマはそれぞ
れ興味深い。

 第二章では、
日本の国土の自然条件の特異性(日本の国土は他国とどう違うか)
が解き明かされる。
「日本人」を育んだ国土とは、
1複雑で長い海岸線と細長い
弓状列島、
2四島に分かれた国土の主要部分、
3脊梁山脈の縦断、
4不安定な地質、
国土が日本人の謎を解く

その他の感想

いい!!!
テレビゲーム売れないもんね
大満足です、
やはり、楽しいですね。
グリコ彩菜亭そぼろ丼150gx10個
美しいザハロワ
昔学んだ歴史を再確認するときに大変役立つこと間違いなし。
グミチケ用に
油はね防止に効果的
娘も私も抱っこが楽しい
お気に入りのコンポドック
なつかしかった!
シルエット
ゆきおちゃんの激写文庫
説明書は無いですが
デジタル一眼レフの動作がとても速くなった。
お手軽商品です。
キッチンで使いやすい
冬着
砂糖を溶かす回転皿が洗えるので衛生的です
夏にピッタリ格好いいです。
凛の軌跡と決意、感謝が詰まった1枚。
調査に基づいた大胆な推論がすごい
お腹の赤ちゃんの為に購入しました
待ってました!的な!
隅々までしっかり可愛いです。
無難の対価。
配送ダンボール…
中身ギッシリ
希少価値?
戻る