7章が一番大事
実際にハードウェア記述言語でMIPSプロセッサを設計するというコンセプトの本です。

Verilog-HDL、
VHDLという2つのHDLでコードが書かれています。

特に7章が大事で、
モジュール部分からMIPSプロセッサを設計していく工程を説明しています。

説明だけでなく、
拡張機能を実装させる問題も付いているので役に立つでしょう。

回答は本書の最初にホームページのリンクが掲載されており、
奇数番だけ載っています。


コンピュータアーキテクチャの定番本として
パタヘネ
コンピュータの構成と設計 第4版(上) ハードウエアとソフトウエアのインタフェース (Computer Organization and Design: The Hardware/Software Interface, Fourth Edition)
ヘネパタ
コンピュータアーキテクチャ 定量的アプローチ 第4版 (IT Architects’ Archive)
があります。
パタヘネ→ヘネパタと読み進めましょう。

因みにパタヘネはわかりやすいのですが、
ヘネパタは翻訳がアレなのでいきなり読むにはオススメしません。

パタヘネと同レベルの本なので、
基本事項を抑えたい人はパタヘネ、
もしくはこの本をおすすめします。
ディジタル回路設計とコンピュータアーキテクチャ (IT Architects’Archive CLASSIC MODER)

その他の感想

読みやすく分かりやすい
取っ手の外れたままフライパン
20年ぶりに買い換えました。
最高。
本日、届きました。
優しい心情
剛典の写真集(*^-^*)
廃番になるのが残念。
音質は良い
安倍首相の今の本音が見えてくる。
3年持続って凄いです!
色違いリピです。
低学年にピッタリでした。
意外に軽い
見た目がかっこいい
いい楽曲です
今のところ使えてます。
2個セットです
辞めるのと手元に何も残っていない
いじわるがかわいい
この本は安心です。
ブライズヘッドとは?
ピッタンコサイズのサイズの圧力鍋があるならば、是非!
究極の鉄道写真です。
Wordpressって・・・
これが著作集?
1作目と同時に買いましょう
第一印象 重い、幅が狭い、長さはこんなもん? くさくなかった!
便利です(’v`)
安心の国産特別栽培大根
戻る