天才数学者の生涯に感銘
数学で「無限」という概念がどのように考えられ扱われてきたかを語る中で、
一人の天才数学者ゲオルグ・カントールの生涯について語っている。
数学の歴史の中で「無限」がどれだけ悩ましいものであったか、
そしてそこに集合論という概念で挑んだカントールの功績と苦悩が判り、
非常に面白く読めた。
数学の基礎となる集合論にまだ未解決な問題があると言うのは意外でしたが、
そうした状況の中でも厳密に議論を進めていこうとする数学者はすごいと素直に思いました。
また翻訳された青木薫氏は、
非常に上手く翻訳されていると思います。
この方の翻訳された他書も非常に読みやすいので、
優れた翻訳者なのだと思います。
でも邦題はピッタリではないようですね。
The Mystery of the Aleph: Mathematics, the Kabbalah, and the Search for Infinity (Mathematics, the Kabbalah and the Search for Infinity)

その他の感想

クロアチア発・ユニークなチェリスト2人組
サイズのバランスがおかしい。
寝モバが快適に!
わきの下というのが意外な発想でした!
土壌改良に良いです。
発達だけでない
ももクロの魅力満載
プロ・学校向け
サイズもピッタリ!
便利な商品。
もはや何でも有りのプレミアムコンサート!
読者を選びすぎるピンポイント読み物
安価で手軽に使えるPH試験紙
自分をもつということ
セルライト
じんわり
Inter-being
これは薄い
良いお買い物をしました。
定価で買えます。
戦争間近の浅草の空気
NPO法人経営者や税理士に最適な1冊です
全開!
息子のクリスマスプレゼント
綺麗、しっかり補修できる
読んでる最中から考え方や生活が変わっていく
人気の新樹種も掲載!
普段履きにと
デザインだけじゃない!
題名と本の中身は一致していません。
戻る