主権者として声を上げる時代
SEALDsの奥田さんらの当事者としての声はもちろん研究者、
文化・知識人のみなさんの小論も読み応えがあります。


SEALDs柴田さんの、
「この数ヶ月で感じたことは、
自らが変える力となることで未来は切り拓かれていくということ」との実感は、
今、
全国各地で声を上げている人たちに共通する思いでしょう。


栗田禎子さんの、
「日本の『平和憲法革命』は、
人類の歴史を切り拓いて行く役割を担っている。
誇りを持って取り組んでいきたい」との学者としての決意も胸に迫るものがあります。


安保関連法制がどうなるのかは予談を持っていえることではありませんが、
日本の民主主義が今、
大きく脈打っていることをつよく実感できる好著です。


多くの方に届くことを期待します。
現代思想 2015年10月臨時増刊号=安全保案を問う

その他の感想

文体、文章の個性を取り除けば、物語の中身は、やや陳腐
外泊時に使ってます。
ネイルケア
脱原発の科学的主張:100ミリシーベルト以下の被爆なら無害という学者は刑務所にいれるべき
子宝レシピ
インデックス付きが良い
賞味期限が…
BRIDESTONE?
うまく使えました。
金融バブルの本質とは
笑えてためになる
「私のセミナー」
コレクター
軽く吹いてもいい音が出ます
とっても静か
大好きだけど、ヤケドしそう
最初に、こちらを聴くべきでした…文句なしの名演です。
大喜びでした。
日本軍は中国市民に慕われていたことが一目瞭然
良い製品なのにちょっと残念…。
悪名を背負い、傷だらけになっても「大切な存在」を守ろうとする男女の勇姿
映画も、原作も、どっちもおもしろいです
英語を言語として、学習したい人の為に。
問題が少ない
0.279mm
千吉 強力剪定伸縮高枝切鋏 4M
専用ポットに入れるだけ
あくまでリフレッシュナーとしてなら。
マイホームデザイナーのプラグイン
インパクト薄
戻る