これでも原子力発電を続けるべきか?


 始めに、
これを読んで欲しい。


---------------

 ここで食い止めなければ事故の規模はどのくらいになったのか、
と私が最初に質問すると、
吉田さんは「チェルノブイリの10倍です」と、
答えた。

「福島第一には、
六基の原子炉があります。
ひとつの原子炉が暴走を始めたら、
もうこれを制御する人間が近づくことはできません。
そのために次々と原子炉が暴発して、
当然、
(10キロ南にある)福島第二原発にもいられなくなります。
ここにも四基の原子炉がありますから、
これもやられて十基の原子炉がすべて暴走を始めたでしょう。
(想定される事態は)チェルノブイリ事故の10倍と見てもらえばいいと思います」
 もちろんチェルノブイリは黒鉛炉で、
福島は軽水炉だから原子炉の型が違う。
しかし、
十基の原子炉がすべて暴走する事態を想像したら、
誰もが背筋が寒くなるだろう。

 石油などの化石燃料はいつか燃え尽きるが、
原子力はそうはいかない。
ひとたび原子炉が暴走を始めれば、
原子炉を制御する人が「近づくこと」もできなくなり、
次々と原子炉が暴発し、
さらに燃え尽きることもなく、
エネルギーを出し続ける。
放射能汚染は限りなく広がっていくのである。
それが「悪魔の連鎖」だ。

 当然、
東京にも住めなくなるわけで、
事故の拡大を防げなかったら、
日本の首都は「大阪」になっていたことになる。
吉田さんのその言葉で、
吉田さんを含め現場の人間がどういう被害規模を想定して闘ったのかが、
私にはわかった。

 のちに原子力安全委員会の斑目(まだらめ)春樹委員長(当時)は、
筆者にこう答えている。

「あの時、
もし事故の拡大を止められなかったら、
福島第一と第二だけでなく、
茨城にある東海第二発電所もやられますから、
(被害規模は)吉田さんの言う“チェルノブイリの十倍”よりももっと大きくなったと思います。
私は、
日本は無事な北海道と西日本、
そして汚染によって住めなくなった“東日本”の三つに“分割”されていた、
と思います」
 それは、
日本が“三分割”されるか否かの闘いだったのである。


(門田隆将「日本を救った男『吉田昌郎』の遺言」(月刊WiLL(ウィル) 2013年 9月号30~39ページ
原発ゼロで日本は滅ぶ ―“非科学"福島セシウム避難の国家犯罪

その他の感想

非常にお得感満点のお買い物でした。
わたしが仕事にちぃて語るなら
泳ぎの上達が楽しみです
情報の読み方入門
東京マルイ製バッテリーと互換バッテリー比較!
クラシックなスタイル
非常に気に入っています
追記。2014/10/14。
牛骨ではありません!プラスチック素材の中でも特に粗悪品です。
2本目の購入です。
スリルと感動を与えてくれる傑作
この御三方はきっと尋常ではないミッションを背負ってこの世に送り出されたのだと。
再現度高し
一部期待度とちがいました
皮膚への浸透が早いです
珍しい設計
欠陥商品!自主回収すべき!!
Lenovo G580使用で問題なし
真ん中が切れてない
しっかりとホールドしていますよ!
前作よりは…
大変いい
中国をあなどってはいけない
膝の痛みが解消しました!
電子目録
積極的投資思考に導く『日経マネー』で再起一転!
サークルと一緒に買ったけど・・
暖かさも冷たさも、すべてが不思議と盛り込まれている
自然な白さでした
FMトランスミッターLAT-FM105UBK
戻る