気付かなかった動き
2014年初版。
甲野善紀氏と、
甲野善紀氏の下へ稽古にも通った事のあると言う走りのプロ、
松村卓氏との対談本です。
甲野氏と世間で言う処の弟子の対談本は何冊か拝読しましたが、
気が合うからこそ本の出版にまで至ったのだとは拝察しますが、
出版されたものでは何となく盛り上がりの無い本になっている事も有りました。
しかし、
この本はのっけから好調なリズムと流れがあり、
楽しめました。
きっと、
武術の達人と走りに特化したプロ同士が夫々の達成して来たものが近いレベルに到達しているから楽しめたのかも知れません。


虎拉ぎは確かに階段や上りにも有効ですが、
私は下りでの安定性を感じています。
それと同じ様に、
松村氏の尻尾のバランス感覚は新鮮でした。
未だ、
それ程の期間、
実践している訳ではありませんが、
飼い猫や飼い犬の尻尾の使い方は映像としてしっかり頭に焼き付いています。
私達、
人と呼ばれる動物にも退化はしていますが、
かすかにその名残があります。
退化したとは言え現存するわけですから、
松村氏が書かれている様に本能的なものと繋がっているとしたら、
面白い事だ、
と思います。
犬を観ると左右に尻尾を振ったり、
本当に嬉しい時は尻尾を回転させて喜びを表現しています。
尻尾は感情をも表しますが、
バランスを取る上で大切な役割も担っています。
動画を観ると、
エリマキトカゲは尻尾の先を水面にタッチしながら、
舟の櫂の動きの様に左右に振りながら水面を忍者の如く走ります。


ウサイン・ボルトの走り方は身体意識の例として良く採り上げられていますが、
走りのプロが解説して居るのは初めて読みましたので、
大変興味深いものがありました。


バトンを持って走る“太鼓でドン”は以前に甲野氏が指導された桐朋高校の高校生の走り方に似ているものを私の場合は感じました。
他に甲野氏が手の平返しと呼んでいる遣り方にもこんな応用があるのか、
と言った気付きがあり、
もっと日常の中で手の平返しが使える処を探してみたくなりました。
「筋肉」よりも「骨」を使え! (ディスカヴァー携書)

その他の感想

学会でも売れていて気になっていました。
まず第一に軽いことを購入条件とした
とても残念!
理想的な追加パッケージ、でもピラミッドは排他的
たしかにしっかり
迷いましたが購入して正解!
本当は3分経っちゃ手遅れなんですが…
イッチャン
かさばるのでデスクトップPC向き
亜鉛を飲んで
赤ちゃんもママも、快適です。
噛み防止
物足りないかな
コンパクトかつ丁寧
少々、薄っぺらい
これだけでは不十分かも。
初心者向けの分かり易い良書
定番!
子供のパンチ練習には最適!
マーキング好きにオススメ
ヴィンテージ・カーヴァー
予想以上に暖かかったです
歌詞本が付いているのが良い
かゆいところに手が届く実践的な理論書
コネクタの裏表から解放される
飲むときの取っ手を工夫してほしい
この一冊で私でも合格できました。
読者の想像力を邪魔しないすばらしい影絵
いいもの。
9巻のときのワクワク感は感じられないが。
戻る