三国志シリーズ完結編。
まず、
この本で良かったと思えるのは、
蜀が滅びてからも、
最後まで詳しく書いてあったことです。
例えば、
吉川英治先生の三国志は、
諸葛亮が死んでからは、
とてもあいまいになっていましたが、
この本では、
魏から晋への政権交代、
呉の皇帝とその取り巻き、
姜維のその後なども詳しくかかれています。

諸葛亮が死んでからの三国志を知りたい方には絶対お勧めの一冊です。
0
三国志〈4〉天命帰一の巻

その他の感想

この出版社、まともな経済学を知っている編集者は、1人もいないのか?
旅行用の携帯鏡として購入
戦中期の小林秀雄について
無くしやすいので注意が必要。
マットのグリーンが明るくていい!
100金のスプレーの方が…
やっぱりCASIOPEAっていいなと再確認できた作品
寒冷地にはちょいと厳しいかも
そんなに良くない
短い鉛筆を使うためというより
これでも充分明るいです。天井にソケットがある場合にオススメ。
コンパクトに知りたいことがまとまっています。
長持ちしました。
現在のアメリカが各国をどう見ているのかがわかる回想録
かなり長持ち
辞書引き遊びのヒントに!
食戟のソーマ自体は好きな漫画です
デザインは申し分なし。D種アース刃が無メッキならより良い製品になったと思う。
カメラが地面に接触しないのはいい・・・ね
検証の結果、不合格(読み物としては面白い)
軽快な着心地
中学生の息子のリクエストで購入
すてきです!
オリジナリティに欠け、やや期待外れ
対極的な場所にいるように見えて
なかなか楽しい読み物です
クミコは、どこへ向かうのか?
白洲さんの史実としてかなり貴重な書籍だと思います
「プレート×ロックシード×刀で切る回数」の組み合わせで遊べます
スカイプを始める見直すiPhone/Doroidフォンで使う
戻る