今日の建機ロボットを理解するのにとても良い特集
 レビュー者は1994年のことだったと思いますが、
雲仙普賢岳の無人化・情報化施工を見学する機会を得ました。
GPSを用いた計測装置は今日のように普及していず、
その高価さに驚いたことも記憶しています。
本書の表紙ともなっている特集1『建機ロボット最前線!』はこの雲仙普賢岳の無人化・情報化施工のスタートから平成27年3月に完了の砂防えん堤工事までの歴史、
技術の発展を解説するもので、
通信技術が非常に重要な役割を果たしていることを再確認でき、
興味深く読めました。
そして無人化施工技術のミュージアム「大野木場砂防みらい館」があることを本特集から知り、
「機会をみて・・」となりました。
雲仙普賢岳の無人化・情報化施工に続いて「ロボット施工の時代へのシフト」(清水建設)、
「建機メーカーが描く「スマートコンストラクション」の未来」(コマツ)も建設機械の自動化に関心があり、
また、
建機ロボットの応用技術は福島第一原発の廃炉処置にも不可欠なことから興味深く読めました。
連載の「日本を救う災害対応ロボットの現状と未来」も関連する内容です。

 特集2『光る!動く!鳴る!電子回路でワクワクロボット』、
プーリー駆動ロボットの製作をわかりやすく解説していて、
電子回路の製作の入門としてお薦めできます。

 既に20年以上前の本ですが、
日本の建設業界で取り組まれた建設ロボットについて「建設ロボット大図鑑―全自動化施工への羅針盤」(1993年、
彰国社)があります。
ロボコンマガジン 2015年 05月号 [雑誌]

その他の感想

完訳2と新訳の関係、どちらも面白いけれど
「永遠の胸」
とても便利なケーブルじゃ!
小さいのにしっかり君。
中途半端でむしろ消化不良になる
アイスラッガーが、、、
手首痛め難い!
非常意!
内部の挙動なに関する詳細な記述が特徴の上級者向け書籍
お子様多い家庭に
買ってはいけない内容スカスカの本
今回は問題なし!
ネットで買えるの知らなかったです!!ヤッター
交換の時期でしたので。
価格なりの価値はない
肌のキメ観察のために買いました
穂乃果がそこに…!
初めてですが
長さに注意
ハンダ付けをしている自分にびっくり!
夏にオススメ
サイドリフターは快適
メガロ〜♪
AKGにも負けない、最高のUSBマイク
セナさんの表紙に
無料レポートですか?
シッカリした作り、で用量もある
ピアノの教本
深め(他社製品と比べた結果)。何よりも安い!
ステアに連動で純正度UP!
戻る