「今なら」最高の万年筆の一つ。
プラチナの3776というと、
腰が硬い万年筆の代表といっても良かったと思う。
手元にかつての3776の細字があるが、
やはり硬い。

万年筆と言えば、
かつては柔らかく、
弾力のある腰のあるものが多かった。
ボールペンなどの筆記具の台頭もあるのだろう、
腰が堅めで、
筆圧をかけて書くのに適した万年筆が増えてきた。
私自身も以前は腰の柔らかい万年筆しか使わなかったが、
水性ボールペンの書き味になれてしまった最近では、
腰の堅めのものでも使用するようになった。
そうなると、
いままで敬遠していたプラチナ製品が候補になってくる。
個人差もあるのだろうが、
同じ金額帯のものならば、
パイロット社のものよりもプラチナの方が作りがいいと思う。
セーラーも悪くはないが、
作り込みでいうとやはりプラチナのほうがいいのではないかと思う。
たとえばこの新しい3776のキャップはすばらしい。
確かに謳い文句通りだ。
しかしこの機構はセーラーにもある。
セーラーもすばらしい。
ではこのようなきれいな色の軸はどうか。
シャルトルブルーより前に発売されたブルゴーニュ。
あのような軸はどうか。
同じ金額帯でこのような軸のものはパイロットにもセーラーにもない。
派手ではないが、
存在感のある作り。
プラチナのやる気を感じる万年筆だ。
腰が硬いのを気にしないなら、
プラチナをぜひ候補に挙げて欲しい。
きっとすばらしい出会いがあると思う。

と、
褒めといて最後に一言。
それはコンバーターだ。
カートリッジしか使わない人には問題ないが、
他社のインクを使用したりする人はプラチナのあのコンバーターには閉口するのではないか。
コンバーターに関してはパイロットのものが優れていると思う。
CON70までとは言わないが、
CON50ぐらいには改良してもらいたい。
こういうところにもやる気を見せて欲しい。
頑張れプラチナ!
プラチナ 万年筆 #3776 センチュリー シャトルブルー 極細字 (EF) PNB-10000# 51-1

その他の感想

トータルで超合格
取り付け用の専用金具が付いて便利
固まらずにカールが長持ち
買わなきゃ良かった…
まぁまぁ・・・
「著者お薦めの貸本マンガ27本他、『貸本マンガとは何ぞや』を紹介。」
循環器Physicalのエッセンス
アイの強度が。。。
☆食いつきが違う☆
角が丸いのがあると良い
安いってことは素晴らしい。
内キャップもついていて便利
ファッションに悩んだら、真っ先に読むべき!
初めてのカーセキュリティ
もう1年以上常食です。
着やすくてグッド
安!
紐結びの魔導師
みんな大好きプリパラ
口が乾きにくくなります。
オランダ産ブルーベリー
もっと濃厚だったきがしたのですが・・・・
気に入りましたが、、、
確かに暖かいです
VRってすごい!
抵抗が大きいのでは?
この本に出会えてよかった
つかみはOK
これはかなり気に入りました
鮮やかな赤
戻る