結構なお風呂(200リットル)に入ることができて喜んでいます。
私はそそっかしいので、
ガスを使うことを親戚筋から禁じられている一人暮らしの老人です。
そこで電気でも風呂は沸くはずと考え、
本器を買い求めました。
あらかじめ某友人から「二日がかりでないと風呂は無理だぞ」と脅されましたが、
それでも良いと思いました。
そこで4月26日(2014)、
湯船にはる水も2日汲み置いて常温にした上で、
午前10時に第一日目のスイッチを入れました。
すると当日の午後6時には熱すぎて手も入らない風呂が沸いたので水でぬるめて念願の入浴を果たしました。
注意したのは、
トタン(亜鉛メッキです。
錫メッキは疑問に思います)のやや大きめのバケツ(ホームセンターで800円で入手)を風呂桶に沈めてそこに本器を入れました。
(プラスチックバケツや風呂桶自体も高温には弱いと考えたのです。
また沸かしている途中で感電に気を付けながら2~3回撹拌しました。
また熱が逃げないように風呂桶には厚めの蓋を使用しました。
本器の伝導体がニクロムか他の新開発の導線を使っているかは分かりませんが、
いずれにしても劣化(酸化による電気抵抗値の増加など)まで最低でも数年間は保つと考えられます。
あまり古くなったら、
この値段ならば買い代えることもできると、
それも視野に入れて使っています。
とにかく念願の風呂に入れて大満足です。
いろいろと温度調節などの機能をつけて高価に売られている品もありますが、
複雑になれば、
その分、
故障の可能性も高くなるわけですから、
私は本品が最良と思っています。
唯一心配なのは、
厳寒期ですね。
湯室全体を暖める必要も出てくるかと予想しています。
それに1KWとかなり大きな電力を使うわけですから、
万一の場合に備えて通電中の外出は控えました。
その他、
バケツを完全に沈めないとバケツの中だけが煮えくりかえってしまうでしょうし、
器具の指定部分より上は濡らさないようにする配慮が必須でしょう。
もちろん感電死には十分に気を付けました。
なお敗戦直後、
東京駒場にあった高等学校の寮で、
大手電機会社が協力して、
寮生が30人くらいづつ同時に入れるような大きな風呂を大電熱器で毎日沸かしていた記録があります。
とにかく今は技術者の皆様に感謝感謝です。
有難うございました。
(藍友紀)
フジマック バケツヒーター1000W H-1000S

その他の感想

しっぽない A^^;
話のきっかけに
バッハ:オルガンのためのトッカータ、幻想曲、パッサカリアetc.
妥協できないところです
ジェジュンに会いたいひとへ
GBASPに使えました
特集は大きく期待外れ/ウイグル人の記事が興味深い
わかりにくいよ…
名鑑少~しだけ改良された。
安くて問題なく良いと思います。
ふつーう
新しさは特にないがヒントはある
森田療法を知りたいなら先ずこれを読んだらいいでしょう。
日本で売られているものと、形状、香り共に同じです。
生地が固い
ネタとして
実は空白地帯だった領域
おいしいよ
ちょっと短め
哲学書
さすが国産品!!
BBQに最適な一台三役の便利グッズ。
「幸せな人生のために、要領よく出世する人」
少し大きすぎ・・・
psに
1冊目としての育児本にはおすすめしないです。
超かわいい!
保育園で人気者になりました。
おいしい♪゛
やっと買えたよ
戻る