最新動向の把握には良いが、実用書ではない。包括的でもない。
良い本だと思うが、
あまりに評価が高すぎると思う。
(5つ星のうち 4.8)
そこで、
本の足りていないと感じる部分について書こうと思う。

この本の良い点は他のレビューを読んでいただきたい。
大凡のところは私も同意見である。


私個人の意見とすれば、
「最新動向の把握には良いが、
実用書ではない。
包括的でもない。
」と感じる。

そのため、
星3つの評価である。


・ブランド論を包括的に見れているのが分からない
本書の立ち位置としては、
「研究と実践の両方から包括的に考察すること」である。

ブランドを様々な視点から述べていることは間違いないのだが、
本当に包括できているのか。

ブランドに関する研究はどのような分野に及んでいるのかを「第1章 ブランド論の過去・現在・未来」にてもう少し詳細に記載すべきであろう。

第1章を読む限りでは、
地域ブランド論や知財視点でのブランド論になるとは思えなかった。

様々な視点から書かれているが、
ブランド論とは本当にそれだけで足りるのだろうか。


・実用書としては内容が薄すぎる。

各章を読むことによって、
概略を把握することはできる。
しかし、
概略を知っていざ実践しようとなると、
本書は非常に心細い。

実践のためには、
各分野において専門に記載された書籍を別途読む必要があるだろう。

私が気になっていた「第3章 ブランド・リレーションシップの戦略」ならば、
著者である久保田先生の本「リレーションシップ・マーケティング --コミットメント・アプローチによる把握」を読む必要があると思う。

この本だけでは実用には足りない。


・著者によって、
レベル感の差がある。

著者によってレベル感が違うことが非常に気になった。

個人的に非常に記載量が多く、
参考になる章はいくつもあった。
一方で、
物足りない章もあった。

「全書」という名称をつけているのだから、
もう少し全体感を気にしても良いのでないだろうか。
ブランド戦略全書

その他の感想

問題なく、使用できております。
tabletを持ち歩くかはを手にれを
レトロですね
中国人を笑わせるには相当努力が必要だ!
お尻喜ぶ~通常タイプと変わらぬ使用感で満足です。
10分あれば読みきれる。
追加シナリオに魅かれて
アレルギーっ子も、食べることができました!
社宅4階在住
ちょっと時間の空いたときなど、ランダムに取り出して楽しむ分にもいいです
お薦め致しますー☆
馬に乗るパトリックの横顔が美しい
同商品Sサイズとの比較です
87分署シリーズ的オムニバスストーリー
向井氏の新境地!
値段のわりには!
庭園に行くのが好きな方は絶対楽しめます。
夢の一品。
動きガスムース
品質が悪いし、写真とは別物
珍訳。
慣れないと使いにくいかもしれません
作り・品質ともに問題なし
使えるぞ
涙がこぼれて仕方ありませんでした。
いつでもシュッとしたくて
第一章を見てからこれを見るべし!
3本購入しましたが全滅です
落としても壊れないが
甲の山が低めです。
戻る