失われてしまう
 1987年に立風書房から出た単行本『定本艶笑落語(全)』を再編集して三分冊の文庫としたもの。

 その初巻である本書には、
艶笑小咄百数十篇が収められている。
明治~戦後すぐくらいまでのもので、
落語家が私的な会で話してきたものがメインだという。

 艶笑といってもどぎつくはなく、
男女の肉体的な関係をテーマとした笑い話といったものばかり。
しかし、
高座で演るわけにもいかず、
消えゆく文化だと思う。
その点、
非常に貴重な一冊だ。
定本 艶笑落語〈1〉艶笑小咄傑作選 (ちくま文庫)

その他の感想

安心して読める翻訳
怖い面白い~!
お得な商品です
とてもおいしいコーヒーがいれられます。
安心良品☆
Garmin zumo 660にジャストフィット
夫婦円満のための一冊
2回問い合わせましたが、全く返事がありませんでした。
色づきが悪い
用語や説明がわかりやすくて豊富
六層の冒険
パルスイクロス薄手イエロー
足が楽そうです
学生から大人まで飽きのこない定番デザイン
かっこいい!
微妙にフライパンに引っかかります
スーパーが品薄なので
クラフトパルメザンチーズより若干安いのが良。
グーだよグー!
歯間洗浄に使うものではない
まったく切れなくて、凄く良く切れる。
電子レンジについて
お陰様で受かりました!
シス単で英語を極めたい人向け
さすが定番品
CHIHIRO最高!
気持ちいいです。
大著だが読みやすい
司法制度について語ろうとするなら必読書
価格が安くて最高
戻る