先生がよく切られる展開。
先生の手足が切られることが多く、
先生が真剣な表情をみせたりと、
ようやく「暗殺者」のレベルが上がり、
話が進んできた感があります。
先生が人体実験によってつくられた生き物であることが明らかにされたものの、
さらっと流されてしまっていました。
今後掘り下げた話になってくることを期待。

また、
「先生を大切に思うからこそ自分たちの手で暗殺したい」と生徒がはっきり自覚したことで、
先生と刺客と生徒という「三角関係」ができた模様。
「大切に思う」ことの形として「殺す」ということに、
字面だけみると違和感が拭い去れない面はあるものの、
「殺せない先生」だからこそ安心して生徒が殺そうとできる、
そんな「懐の広さ」に心惹かれるものがあります。
暗殺教室 4 (ジャンプコミックスDIGITAL)

その他の感想

親と子の確執
嫌みのない
バラエティーに富んでいます。
1ヶ月ほど使ってのレビュー
男女問わずおすすめしたい
稼ぐ社長マインド創り
ちゃんとした商品
網目が大きすぎるかな。。
間違いました。
いい製品だと思いますが
足立のヤッチャン
これ以上求めるものは・・・
やや失速ぎみでしたが
同じ筑豊人
ブリッジを知らないので・・・
スタイリッシュオーク使い捨てアクション
コンサルの功罪を、中立的な視点で捉えた好著
引っ込まない
随分静か。
要スパッツ
ミステリとしてのジョジョリオン。追記:ジョジョというヒストリー。
見落とし注意
小学3-4年生向だと思います。
大好きなダンパー
普段使いから軽い運動にも
一眼レフカメラふいるたー
もっと早くから使っておけば良かったと思いました。
ちょっと操作が
内容の濃い実践的トレーニング書
人の始まりを知る一冊
戻る