「人間はサルかそれとも天使か(p.406)」という問いは、「オオカミとイヌ」の違いと同じである!
【引用1】私の現在の関心事は神経学だが、
科学を愛好する気持ちは、
インドのチェンマイで過ごした少年時代にさかのぼる。
…中略… 十二歳のとき、
アホロートル(ウーパールーパー)のことを本で読んだのを憶えている。
アホロートルは、
簡潔に言えば、
サンショウウオの一種が『幼形成熟』し、
水生の幼生期の状態のままを保つように進化したものである。
変態せずに外鰓(そとえら)を保ったまま(サンショウウオやカエルのように、
それを四つの肺にとりかえることなく)、
水のなかで性的に成熟する。
このアホロートルに「変態ホルモン」(甲状腺抽出物質)をあたえると、
それだけで、
絶滅した祖先種の鰓をもたない陸生の成体に戻せるという話を読んだ私はびっくり仰天した。
(p.14~15)

ローテクで本質を把握し、
進化は合目的的というより脱線である、
と説く著者が指摘する『幼形成熟』を目にして、
かつて見たテレビ放送を思い出した。

***

【参照1】2011/ 8/28(日)にNHK-BSプレミアムで放映された「オオカミはこうしてイヌになった~いま変わる遺伝子の常識~」は、
『幼形成熟』に関するものだった。
狼と犬のDNA配列は同じである。
しかし、
家畜化した犬には、
野生の祖先である狼とは異なる特徴が現れる。
例えば、
体格が小さめだったり、
耳がぴんと立たずに寝ていたり、
尾がくるりと巻き上がっていたりする。
こうした動物は、
人間の目には実際の年齢より幼く、
可愛らしく見える。
また、
祖先では単色だった体毛が、
家畜化することでまだら模様(斑毛)になることもある。
これらの特徴は「家畜化の表現型」と呼ばれ、
イヌ、
ブタ、
ウシなどの哺乳動物はもちろん、
ニワトリや、
さらには一部の魚にも見られる。
脳のなかの天使

その他の感想

内容は悪くないが、初心者用としては、少しお高いかも
ビアズリーの入門書
乃木坂の魅力たっぷり。
仕事の時はいつもこれ
とにかく早かった。
フレミングの左手の法則を目で確認し、確実に実感できますよ
ガラスフィルムの凄さを実感
「監視社会」にどう対応するか
満足〜かな…^^
現場の日本語教師の方に
パリだけではないフランス
アメリカ直送でした。
輸入の失敗談だけかな?
リリシズムに溢れた傑作
以前の問題点を大きく解消!
現実の医療現場から
前作に比べると…。
ショップ名で選ぶと安全です。
なんじゃこりゃ
これゎ可愛い
低めの温度でゆっくりと
東大理系志望者にお勧め
カッターの持ち加減 (6年間使用経験)
心暖まるストーリー集
業務用です。
MVNOのSIMカード(格安SIMカード)を使いたい初心者向け
古典
コンパクトで仕事に便利
かっこいいね。
良いことづくし!
戻る