医師の思いのたけ
発達障害のある子を見続けて来た医師が、
その豊富な経験に基づいて子どもたちにどのようなアプローチをすれば良いのか、
何が問題なのかをかなり決め打ちしてくれる本です。
「決め打ち」というと、
一般にはあまり良い意味にならないかも知れませんが、
「様子見」「見解が分かれる」「・・・なこともある」というような、
この分野に関わらざるを得なくなった親が(主に公的機関に)相談に行った時に返される通り一遍のあいまいな回答に感じる不満を吹き飛ばしてくれる爽快さがあります。
しかも、
あくまでも子ども本位の視点で最善の策を講じ、
その後の推移まで書いてくれているので、
とても参考になります。

障害そのものの知識を得るためというよりは、
障害を持っている人のより良い生き方の道筋を考えるための良著だと思います。
0
発達障害の子どもたち (講談社現代新書)

その他の感想

なかなか‥‥
まあまあ良い靴です
愛情について
決して中途半端に妥協しない姿勢の大切さ
強いて言うならデータ集
品も良く、ワイルドさも
すっきり・・・
安くても良いもの、楽しいものを
30cm弱
仕事で利用
反射はあまり気にならないですけど。
LOVE one レビュー
しす
学校英語の復習が多く、実務者には期待はずれ
安いのに本物
中身をよく確認せず名前で買ったら。。。
脂肪がどんどん燃えてる感じで
笑いと爽快感
家電量販店の半値
焦らず、ゆっくり
お手軽に聴けるよ
windowsの設定で動かなくなくなります。
匂いを許せる人のみオススメです
おいしいですが、、、
このゲームが発売されたのが小学5年生、現在29歳ですがまだ毎日やってます。
音楽に対する最初のショック!!
Excelent
髪の根元から全体に
「新技術」で尿モレが頻発 被害甚大
自己責任で、楽しく気軽に、家を仲間にしよう
戻る