新たなペーパーオペラ
かつて、
新書館から「ワーグナー・ペーパーオペラ」と銘打ったシリーズが出版された。
ワーグナーの「ニーベルングの指環」の活字・イラスト本だ。

実際の上演を見る機会がなかなか得られない、
たとえば辺境に住み、
かつ貧乏なわたしのような者には、
音を頼りに空想するしかない。
それも悪くはないだろうが、
ストーリーも楽しみたいもの。
ヴィジュアルも味わいたいもの。

当書はプロットを把握できるばかりでなく、
文学として鑑賞に耐えられる作品を目指したものだった。

その、
歌舞伎ヴァージョンが本書だ。
ペーパーオペラでは、
イラストが天野喜孝、
翻訳が高辻知義だったが、
ポプラ社歌舞伎絵巻では、
イラスト岡田嘉夫、
翻案橋本 治が担っている。

実際の歌舞伎と比べるわけにはいかないが、
岡田のイラストがゴージャスで、
橋本の文章は安心して読める。
指環と同様、
よく見る演題だが中身を知らない者には、
膨大な伝統文化の裾野にある門扉をこれで叩くことができるという思いだ。

近松の「曽根崎心中」を岩波で読んでいたので、
まずは「国姓爺合戦」を手に取り、
次に本書の「義経千本桜」をひも解いた。
指環に劣らず、
繚乱する人物たちの相関図には文化の圧倒的な豊饒を感じるばかりだ。

「菅原伝授手習鑑」の次に本書「義経千本桜」と読み継いできたが、
時代のせいか、
武士道、
命を懸けること、
公私の公を優先させていることが、
常識なのだろうが、
わたしには改めて印象に残った。

また言葉遣いでは「・・・小せんといいます。
昔は、
フーゾクで働いていました」というくだりにはギョッとしてしまった。

著者は相当に悩んだと思うのだが「遊女」や「娼婦」では通らないと思ったのだろうし、
いまどき子どもでも「フーゾク」という言葉にはある程度イメージできると踏んだのだろうが、
本全体の品格からいって、
もったいない妥協だったのでは? と思った。
どうせ勝手なイメージを持ってもらうのなら、
「遊郭」でよかったのではないだろうか。
義経千本桜 (橋本治・岡田嘉夫の歌舞伎絵巻(2))

その他の感想

車中にはいいですね。
半年に1回購入しています
センサー認識について
「つづれおり」のスタート
50数年の仕立て人生が詰まった本
ipodをつなげるために購入
木を見て森も見るような歯医者さんの考え方に共感
やっぱりギャバン
試運転 孫泣き じいちゃんだって泣きたいよ。
可愛すぎる……
使用結果より
チアシード! メーカーを変えながらリピートしています。
ピアノで弾きたいです
大人向けでも楽しめます
これも新課程対応不十分です
民生さん満喫!
満足だったようです
ラベル屋さんで位置もぴったり
青春
集客の仕方が書いてある
自分の位置づけをしながらも、内外に学ぶ
カチカチ音以外にほぼ不満なし
ポリウレタン☆
効果がありそう!
SQLの勉強をしたい人や、簡単なツールを SQLite で作りたい人にお勧め
室内のDIYに利用
大容量で噴射力も強いです
見てるだけで綺麗です。
奥様からの小遣いの少ない貴方、必見の書!
電池の消耗が早い
戻る