言霊は高次の国策
出版社は異なるが、
この本は実質『言霊はこうして実現する』(文芸社刊)の続編といっていいだろう。
著者が異なるのと、
一部重複する部分はあるが、
どちらかというと、
前作の応用編という感じだ。
先日、
言霊学の大家、
小笠原孝次氏の『言霊百神』の復刻版が出たというので、
すぐに買い求めたが、
また言霊学に関する熱が上がってきた。
本書については、
(内容が同じだと嫌なので)しばらく購入をためらっていたが、
この際こっちも読んでみようと思った次第である。

肝心の中味であるが、
注目すべき点は、
「言霊」は世間一般に言われる言霊にあらず、
というところだろう。
実は『言霊百神』を読んで、
ようやく言霊と科学との接点がわかってきた。
それまでは、
どうしても「あ」とか「い」のような、
発声された言葉とか余韻を言霊と考えていたのである。
だから、
それが何で科学になるのか、
と。

しかし、
言霊が宇宙の最小単位であると想定すれば、
全く違う展開になる。
その展開の様相が本書には描かれている。
違和感があるのは、
それが「言霊」と呼ばれているからではないかと思う。
言霊というと重々しい感じがするが、
実際は光より速く、
軽いことこの上ないものらしい。
それが神話にもつながり、
目には見えないが、
恐るべき力を発揮するというのだ。

今日本の抱えている問題が、
まさに日本語である言霊で解決できれば愉快である。
採用への道のりは平坦ではないだろうが、
古の国策が言霊に基づいたものであったことを思うと、
何らかのきっかけで突然変異するかもしれない。
ロシアでは既にそうした研究が終わっているそうである。
日本の明るい未来に期待したい。
2020年「新世界システム実現」のための 言霊設計学 言霊・数霊・音霊・形霊による自己と世界の設計/《日本語族》の時代が始まります(超☆どきどき) (超☆わくわく 36)

その他の感想

いろいろな用途に使用できて、便利です。
焚き火は人間の根源的欲求なのだろうかと考えさせられる
圧縮、燃焼…そして、排気。
あとちょい
こちらの方が安いのか??
とても可愛いけど…
A4の書類が入らないです。
年賀状印刷のために購入。
スーファミ時代の釣りゲーム
車両にフィット!
悪くない
スパロボが好きだからこそ苦言
このハンガーのおかげで幸せ
マニュアルがイマイチ
可愛い!わかりやすい!
安全第一、環境第二、品質第三、利益第四
自分で練習計画するための指南書
バイクのメンテナンスに
使いやすいんですが、消耗は早い。
良曲多し
最後は泣けました。
もう少しタマが欲しい
これ、買わない方がいいですよ
あまり使っていないのに壊れた
すごくあったかいよ
通常ベルト格納部分が防水ならば完璧
純正品は携行しなくなりました。信頼してもよさそうです。純正品を超えています。
これさえあればOK!かと思いきや、、、
ファンとか関係なく。
Zen Pad S 8.0用に購入しました。
戻る