超高齢者ハードボイルドという新たなジャンルは、ユーモア小説とも相性がいい!
いまさら、
マチズモ全開のハードボイルドを読みたいという人は、
たぶん少ない……と思うのです。

主人公、
マッチョ全開。
伝説の元刑事、
何かあると357マグナムを抱いて寝る。

これが普通の壮年者なら、
「ああ、
またか」と読み飽きた感じになるかもしれないんですが、
これは違う。

だって、
87歳なんだもん!!(笑)
軽い認知症になりかけているんじゃないかと自分で心配していて、
GPSって言えなくて、
孫がGoogleで世界中の情報を集めてくるのを呆然と見てるしかない。
「おもろうて、
やがてかなしき」の世界です。

80歳の誕生日以降、
自分にはもう誕生日はないと思っている主人公、
バック・シャッツ。

超高齢者ハードボイルドという、
ユーモラスなジャンルの登場を喜んでいます。
もう年はとれない (創元推理文庫)

その他の感想

可愛くて素敵
再アレンジもリマスターも楽しめるベスト盤
全国万葉故地をたずねて〜畿内編
思ったより面白い
何度もペラペラ眺めてます
またやってもうた
リーダー観を見つめ、見直すための良著
本体の交換で貼り直しでもOK
家族の日常使用用に購入しました
この世界のどこでだって、ママの気持ちは同じ
知人の女性に向けたプレゼント
無難にまとまった、女子向け本
3年保存用
曲もドラマもいい
これ一冊で実践できるようになります
衝動買いです。
履いてて気持ちいい!
かゆいところに手が届く逸品!
某作品のフォロワー?いえこっちが先ですよ!
「殿様たち」の再現ドラマ
妖大の花嫁 6
完全に明かりを遮断
日常で手軽に使えます
とりあえず良かった
保存版棋士が選ぶ名局10
オートフォーカスが速くなった!グリップも良好、3モーターで秒間8.3コマも実現
美味くない
高価な高スペックファン
コスパ充分。
視界がクリア
戻る