変わり続けるという姿勢。
7枚目となる今作『KTHEAT』。
メンバーの頭文字から生まれたと考えられるタイトルは、
Adamが加入して6人体制となったことを改めて強調しているように感じられます。

3rd『FACT』〜5th『burundanga』は試行錯誤を重ねつつ洗練されながらも、
(音楽性が)同一のベクトル上にあった作品群であったと思ってます(もっとも、
FACTは常に「変わり続けること」を武器とするバンドであって、
作品毎に何らかの「変化」はあったでしょう)。
そしてAdamの加入をきっかけに、
より新たなベクトルも示した前作『witness』は各所で良盤と評価されてます。
しかし個人的には、
良くも悪くも加入したAdamがそれまでのFACTの雰囲気に溶け込みすぎていることでの物足りなさも感じてしまったため、
正直に言えばハマりませんでした(apeやdisclosureなどは好きでしたけど)。
それから1年が経って今作を聴いてみると、
前作では物足りないと感じていたAdamの影響、
そして魅力が存分に反映されていることを容易に発見できた。
今作の第一印象は「ハードコア」の強靭さ、
ライブ感への傾倒です。
これまで以上にいわゆる「聴かせる」曲が減って、
ノリを重視した曲が大幅に増えていると思いました。

おそらくはFACTの持ち味でもあったバラエティ性が減って幅が狭まっただろうけど、
言い換えれば「ハードコア」という音楽性へより明確に焦点を絞った作品ではないでしょうか。
「変化」を恐れずに試みる姿勢は既存のファンを置き去りにするのかもしれないし、
同時にこれまで届かなかった領域のファンを増やすかもしれません。
個人的には内容がどうあれ、
前作のAdam加入による「調和」から確かな「変化」へと振り切った今作は非常に好ましいです。

今作で目立った#3、
#8のビートダウン系のグルーブ感や#4、
#5、
#9の重々しくドゥーミーなスロウパートなど、
全ては「ハードコア」という軸において徹底されていることが、
まさにFACTのストイックさだと思います。
また、
あざとくも分かりやすくモッシュパートを思わせる曲展開は、
ライブへの期待を膨らませられました。
KTHEAT (初回限定盤) (DVD付)

その他の感想

低価格でも問題なし
印刷も満足できます。
結構いい感じに作ってあるオカルトアクションホラー大作
持ちやすそう!
初心者向け 良い本です
退屈から逃げない
取付場所に問題なければちゃんとつきます!!
一目惚れ
如雨露。。。
内容は素晴らしいと思います
ドクターグリップからの乗り換えです。
本当に苦くないです。
可愛すぎる!!
プリンタ機能のみで良いので再購入
数学の苦手な中学生に、まず分数の量的イメージを持たせることに成功!
現代によみがえる初代教会の伝道者
自己重要感
LIFE誕生!
デザイン等は最高です
水いぼができたので
水拭きの気持ちよさを教えてくれる、程よくツボを押さえた製品
色落ち例
パームレストのおかげで打ちやすい
この空を守っているのは、エースだけじゃない
ママチャリの改造に使用したけど満足
コムテック 駐車監視・直接配線ユニット HDROP-05 ドライブレコーダー用オプション
1ヶ月使ってみました
同梱アイテム目的でしたが、良いサントラ。
任天堂が押しているだけのことはある。
おそらく正規品
戻る