たった十人の証言--その十人の証言を読む間に、私は、何度本を伏せたか
 --「・・・一緒に『お母ちゃん、
お母ちゃん・・・』叫ぶと、
お母ちゃんの声がしたから、
その方向に向かって屋根板とか瓦礫を必死になってはいだ。
ようやく体の一部が見えるようになったが、
柱や壁が押さえつけていて、
どうしても助けることができない。
・・・・・(中略)・・・・・いよいよ火が迫ってきて、
母親のところまでじりじりと焼けはじめたと。
焼かれながら苦しみの中で、
お母ちゃんが言うのに『早く逃げなさい、
早く逃げないとあんたたちまで焼け死んでしまう・・・』そう叱り飛ばされるように言われてと、
それでも子供たちはそこを離れようとしなかったが、
もう熱くていたたまれなくなったので、
二人は泣きながら逃げたそうです」(本書26~28ページより引用)--この本を読む間に、
私は、
何度も本を伏せた。
(私には、
そうせずに、
この本を読み通す精神力は無い。
)しかし、
この本に納められて居るのは、
広島で被爆し、
家族を失った人々の中の、
たった十人の証言に過ぎないのである。
--たった十人である。
--その、
たった十人の証言が、
これだけの重さを持ち、
聞く者に、
直視する事から逃避させようとするのである。
ならば、
神以外に、
誰が、
広島と長崎で起きた事の総体を直視する事が出来るだろうか?--確かな事は、
この十人の証言を読むのにも、
何度も本を伏せた私には、
広島で、
そして、
長崎で起きた事の全てを直視する事など、
出来無いと言ふ事である。
その私に出来る事は、
ただ、
この本の存在を一人でも多くの人に伝える事だけである。
--この本の内容について、
私は、
これ以上の事を語れない。
ただ、
一人でも多くの人に、
この本が読まれる事を、
私は願ふ。
そして、
この本が、
多くの言葉に訳され、
世界中で読まれる事を願ってやまない。


(西岡昌紀・内科医/広島と長崎に原爆が投下されて60年目の夏に)
記憶の光景・十人のヒロシマ

その他の感想

スライム、スーパーボール、シャボン玉作れます
大人のデザイン
東大に憧れて
山佐さん!覚えました!
韓国の真実の歴史から歴史の捏造を炙り出した書
フィナモレのリネンシャツに使いました。
iphone専用の周辺機器とみるべき
現段階全レビューがゴマブックスの組織的ステマであるという惨状…
量が少ないのがいい
マラルメとクローデル
キッチンで使いやすい
単純だけどお気に入り
はち
前作よりもコラボしてる感じがよく出ています
ベリー感は少なめ
最高、ただし購入価格次第。
予定より早く到着しました。
それなりです
感激
モノサスR100RSに使いました。
場所を取らず、最高
中学生の息子のリクエストで購入
主翼の塗装が必要なのは残念
使い安く、安心感があります。
ナレーター
風水をベースにした、本格的なスペースクリアリング・メソッド
電子タバコのリキッド詰め替えに
読んで楽しい未来読本(食料編)
民法を俯瞰するために
すっごく使いやすい
戻る